1×4とラブリコで棚の強度は大丈夫?

1×4とラブリコで棚の強度は大丈夫?

回答:

1×4材では1~2kgぐらいが耐荷重の目安。5kgは長期的に持たないので要注意

解説

賃貸でも、狭いワンルームや1Kでも、一人暮らしの作業で2×4材の収納を作れる!

突っ張るだけなので2×4材や1×4材の柱を立てても賃貸に傷をつけない、

という機能的なDIY部品「ラブリコ(labrico)」がネットで広まっています。

ラブリコは1×4材でもDIYができるため、見た目を重視していく場合や、小さな雑貨など軽いものを載せる時にはうってつけです。

ですが果たして、弱そうな1×4材の板でも使えるのでしょうか。

SPF材の1×4を使ったとして、構造計算で耐荷重を試算してみます。

1×4の横板の長さ900mmの場合

板の長さが900mmで、載せる重量を変えながら板のたわみを計算してみます。

重量1kg2kg5kg
中央のたわみ0.4mm0.7mm1.5mm

ラブリコの1×4用で棚を作る時の推奨は、900mm以内となっています。

載せるものの合計重量が2kg程度までなら、なんとか小さなたわみで維持できることがわかります。

たわみが増えますと、板が下凸に曲がりますので、左右に突っ張っている面も壁から離れ、突っ張る強度が下がります。

1×4材の板の長さ600mmの場合

板の長さが600mmで、載せる重量を変えながら板のたわみを計算してみます。

重量1kg2kg5kg
中央のたわみ0mm0.1mm0.4mm

板の長さが短ければ、たわみも少なくなり重量をかけても耐えられるとわかります。

工夫次第で十分に強くなる

できないのか、と諦めることはありません。

1×4材の板の中間付近を床面から支えれば十分に使用に耐えます。

ラブリコの棚受けを使い、1×4材を床と板の間に立てて上げれれば良いです。

1×4材を立てるだけで突っ張ることはできませんが、板同士をビスで固定できるため支持材として最適です。

高さが足りない、多すぎるなどの調整は、板自体を高さ方向にずらして行ってください。

テキストのコピーはできません。