賃貸でも自分で防音工事をする方法は?

NO IMAGE

回答:

遮音カーテン、消音ウレタンフォーム、防音シートという手段があり、ご自身の環境と予算にあわせて選ぶ。

解説

後付けで防音施工はできるか

賃貸で、隣室からの騒音、屋外からの騒音に悩まされている方は少なくないでしょう。

分譲用のマンションと比べ、賃貸物件のアパートやシングル用マンションは、収益性を高めるため様々な造りが簡素化されています。

入居後に、隣家の生活音や車の音が意外と聞こえると気づいたとしても、すぐには引っ越せません。

賃貸だからこそ、そして、いずれ引っ越すからこそ、防音対策は簡単に済ませたいもの。後付けで防音の効果が出るものはあるのでしょうか。

音を吸収するもの

騒音は、途中でさえぎってやれば小さくなりますので、部屋の中に吸音素材をとりつけます。

音は、密度の高い素材にあたるとより吸収されるという特徴があります。ですので、空気を介して伝わってくる騒音は、単位面積当たりの重さが大きい素材が有効です。

効果がないもの

一方で、アパートの構造体であるコンクリートや鉄骨など固体中を伝わってくる騒音は、後付けの吸音素材では効果が望めません。

また、防音素材を取り付けたときに隙間が残ると、効果が見込めません。例をあげましょう。

目覚まし時計がけたたましく鳴った時、うるさいので寝ぼけたまま毛布や掛布団でくるんでみた経験のある人はいるでしょうか。

掛布団を上からかけたぐらいでは、音はたいして減りません。毛布でくるんで、さらに掛布団で隙間をなくして、それでようやく音は小さくなったはずです。

防音素材をとりつけるときは、音源を密閉するくらいの気持ちで作業をしないと、思ったほど効果が得られないということになります。

防音効果のある素材

三種類の効果がある素材を紹介します。どのくらい騒音対策が必要か、かけられるコストを考えて選ぶと良いでしょう。

騒音レベルは、一般的にdB(デシベル)という単位で表します。表中の性能もdB単位で、デシベルの数値がどのくらい下がるかを示します。

目安として、-6dBで音量が半分、-10dBで3分の1、-20dBで10分の1です。(騒音の感じ方は低高音での差、個人差があります)

通称 素材 性能(子供の声の遮音) 価格(単位面積あたり
遮音カーテン -5~-10 dB
消音ウレタンフォーム スポンジ -5~-30dB
(品種、厚みにより幅がある)
×
防音シート 樹脂のシート -10~-20dB

遮音カーテン

カーテン売り場で手に入る遮光カーテンは、遮音の効果もうたっています。

遮光のため、布の網目を細かくしたり、何層にも重ねて直進光が通りにくくしたり、樹脂コーティングをして光を遮ったりする造りは、そのまま空気の振動で伝わる音を通りにくくする効果につながります。

性能は、子どもの声の周波数(1k~2kHz)で-5~-10 dBです。

引用元: ニトリ公式通販 ニトリネット

メリットは、騒音が入る面に敷き詰めても雰囲気を損なわない点です。もとがカーテンなので、吊るすのも簡単です。

その一方、吊るすだけでは床面や柱との間にすきまが開きやすく、騒音が侵入しやすいデメリットもあります。

隙間がのこらないよう、粘着テープやビスを併用して柱と密着させるなど、施工には工夫が必要です。

消音ウレタンフォーム

ウレタンフォームというのは、ウレタン樹脂を発泡させて、空気を多く含ませたスポンジです。空気が閉じ込められ、表裏で貫通しないので、音の伝わりを遮る効果があります。

一般にはなじみがありませんが、一軒家の断熱処理では、発泡させたウレタン樹脂を部屋の外に吹き付けて断熱効果を得る、ということは普通にされています。

性能は-5~-30 dBです。一番左の対策なしを基準に、ウレタンフォームの厚みを増やした時の数値との差を見ます。

引用元: ミスミカタログ

ウレタン樹脂は軽いため、はじめの方で述べた、密度の高い素材が好ましい、という条件に合致するためには厚みを稼ぎます。厚みがないと、遮音効果は望めません。

メリットは、固形物なので平面に張り付けるのが容易という点です。

その代わり、固形物なので材料代が高く、販売単価は高めです。

防音シート

ビルの工事現場で、周囲が風にはためくシートにおおわれているのを見たことはありますか。

建築工事現場では、近隣に住んだり通ったりする人への騒音対策が必須です。そこで建築業界で使われているのが、防音シートです。

工事現場で組んだパイプやぐらに、防音シートをすきまなく結びつけて、工事作業の音がまともに漏れないようにして使います。

性能は、子どもの声の周波数(1k~2kHz)で-10~-20 dBです。

引用元: 日本セイフティー株式会社

メリットは、もともと工事現場ですきまなく敷き詰めるためのものなので、部屋の中でもすきまをあけずに施工しやすいところです。

採光が取れるタイプのシートもあります。他の二つでは採光は望めないため、光を入れたいが防音もしたい、という箇所には適しています。

その一方、外観は一般家庭にはそぐわないところがあります。この手の工事用仮設材は、近隣の方に「騒音に配慮していますよ」ということをアピールするため、シートの外観にわざと「防音」というプリントをしています。

ですが、防音シートをさらに、おしゃれな布で隠してあげれば、室内使いも問題ないでしょう。

テキストのコピーはできません。