アロンアルファと木工用ボンドは何が違いますか?

NO IMAGE

回答:

含まれる樹脂が違い、アロンアルフアは湿気で化学反応が進んで固まるが、木工用ボンドは乾燥して固まる

解説

瞬間接着剤の概要

おしゃれなインテリアのDIYで、瞬間接着剤にお世話になることは多いです。

100均の収納容器や突っ張り棒などのプラスチック製品や、壁付け収納のためのマグネットなどを、オリジナルのイメージで組み合わせる場面に最適です。アクセサリーの制作、おもちゃの修理、バッグのかわいいデコなどにも活躍します。

アロンアルファが有名で、100均でも手に入るので気軽に使いますが、100均の売り場には木工用ボンドも並んでいます。何が違うのでしょうか。瞬間接着剤を木工に使ったり、木工用ボンドをプラスチックに使ったりできるのでしょうか。

瞬間接着剤は化学反応している

基本的な瞬間接着剤の材料は、瞬間接着剤の代名詞となったアロンアルフアをはじめ、一般的にはシアノアクリレート樹脂がほとんどです。

瞬間接着剤に含まれるシアノアクリレート樹脂は、容器の中では液状ですが、容器から空気中に押し出すと、大気中の湿気を使って急速に接着反応を開始します。接着物の表面に付着した湿気が、反応を加速します。

瞬間接着剤は、プラスチック、金属の接着が得意です。

プラスチックは表面に湿気が比較的あるため、すぐに動かない程度に接着できます。しかし木材に使うと、木材の表面はミクロな孔があることと粘度が低いため、木材に吸収され接着面に残りません。そのため、接着しにくくなります。

一方、木工用ボンドに使われている酢酸ビニル樹脂は、液が乾燥して固まります。木材が染み込みやすいのは好都合で、木材同士をよく接着します。

木工用ボンドは、木材、紙、布など染み込みやすいものの接着が得意です。

プラスチックは液が染み込みませんので、乾燥に時間がかかったり、十分に乾燥しないままになるため、接着しにくいです。

テキストのコピーはできません。