アロンアルファの乾燥時間はどのくらい?失敗しないコツは?

NO IMAGE

回答:

プラスチック同士の接着なら固まる時間は15秒で十分、金属同士の接着なら硬化時間は1分ぐらい。

解説

瞬間接着剤の概要

おしゃれなインテリアのDIYで、瞬間接着剤にお世話になることは多いです。

100均の収納容器や突っ張り棒などのプラスチック製品や、壁付け収納のためのマグネットなどを、オリジナルのイメージで組み合わせる場面に最適です。アクセサリーの制作、おもちゃの修理、バッグのかわいいデコなどにも活躍します。

アロンアルファが有名で、100均でも手に入るので気軽に使いますが、いつもわからないのが接着して「しばらく押さえる」、待ち時間は決まっているのでしょうか。

基本的な瞬間接着剤の材料は、瞬間接着剤の代名詞となったアロンアルフアをはじめ、一般的にはシアノアクリレート樹脂がほとんどです。この樹脂の「瞬間」接着の放置時間はどのくらいでしょうか。

「瞬間」はつけるものによる

瞬間接着剤に含まれるシアノアクリレート樹脂は、容器の中では液状ですが、容器から空気中に押し出すと、大気中の湿気を使って急速に接着反応を開始します。

シアノアクリレート樹脂同士が、互いに手をつなぐように反応して、固体状になり接着します。接着物の表面に付着した湿気が、反応を加速します。

プラスチックは表面に湿気が比較的あるため、乾燥時間は15秒もあれば、動かない程度に接着します。金属は表面の湿気は多くないものもあり、安全を見ると1分ぐらいは接着物を押さえておくほうが良いです。

いずれも、接着剤の量が多すぎると固まる時間が長くなる傾向にあります。薄く塗ることを心がけてください。

動かない程度になった後も硬化は進みます。普通に使えるようになるには、10分以上待ったほうが良いでしょう。

テキストのコピーはできません。