固まって出ないアロンアルファ!良い方法は?

固まって出ないアロンアルファ!良い方法は?

回答:

アロンアルファが固まって出てこないときでも、容器本体には接着できないので、口の部分から先のとがった針などで力をかけ、固まりを取り除けばよい。

解説

瞬間接着剤が出ない!

おしゃれなインテリアのDIYで、瞬間接着剤にお世話になることは多いです。

100均の収納容器や突っ張り棒などのプラスチック製品の接着は、特に得意な素材です。

100均でも手に入るので気軽に使い、使い終われば普通にしまっておきますが、次に使おうとしたら口が固まって出ないというトラブルに見舞われます。

これでは最後まで使えないですね、どうすればよいのでしょうか。

瞬間接着剤は保管中にも反応する

基本的な瞬間接着剤の材料は、瞬間接着剤の代名詞となったアロンアルフアをはじめ、一般的にはシアノアクリレート樹脂がほとんどです。

このシアノアクリレート樹脂は、容器の中では液状で、容器から空気中に押し出すとそこらへんの湿気を使って、急速に接着しはじめます。

湿気に触れないように封をしていても、大気が残った部分で中身の樹脂同士は徐々に反応し、最終的に口が固化して出ない状態になります。

これはなかなか、やっかいな相手です。

容器にはつかない

シアノアクリレート樹脂にも相性が悪い素材があり、その一つがポリエチレン樹脂

ポリエチレン樹脂というのは、スーパーやコンビニでもらうポリ袋や、自治体のゴミ袋などの素材です。

そしてアロンアルファの容器やフタも全部、ポリエチレンでできています

なので、容器を接着することはありません。ただシアノアクリレート樹脂自体の固まりが、行く手をふさいでいるだけです。

容器の口が大きい方へ押し戻す

固まりは容器の中の方へ落とせば、またアロンアルファは使えるようになります。

そのため、先端のとがった針で、口穴を中に向けて突っつきましょう

アロンアルファは急な大きい力には弱く、割れたりひびが入ったりします。

安全ピン、コルクピンのように、針自体が曲がりにくいものを使い、通り道を確保します。

これでうまくいかないときは、カッターやニッパーで口の部分を切って、通り道を徐々に広げて流れを確保します。

出ないトラブルを防ぐには

瞬時に反応して接着する機能と、長期間反応しないという保管機能を同時に満たすことは難しく、残念ですが固化させない簡単な方法はありません。

未開封で大気に触れていない間は反応も遅いので、メーカーも未開封の保管期限の目安を1年間と公表しています。

これを活かし、小分けの容器にして、使うたびに少量ずつ開封するパッケージを売り出しています。

次回はそのようなタイプを買って、最後まで使い切る方が良いです。

テキストのコピーはできません。