浴室に後から物干しをつけたい、どうすればいい?

浴室に後から物干しをつけたい、どうすればいい?

新居に入居した後に、付けておけば良かったなと思うものの一つに、浴室物干しがあります。

浴室は湿気がこもらないよう、常時換気をしていることが増え、洗濯物を乾かすのには適した場所です。

後から自分で、浴室に物干しを付けることはできるのでしょうか。

物干しパイプをつける

ぬれた洗濯物は想像以上に重たいものです。ピンチハンガー(角型ハンガー)に多数ぶら下げた洗濯物の重みが、フックの一ヶ所にかかります。

このような厳しい条件ですので、浴室物干しは壁にしっかりと固定しないと使えません。

そこで、重みに耐えるにはスチールのハンガーパイプを使い、パイプ受けは浴室の壁にビス留めをします。浴室がユニットバスであれば、普通にビス留めが可能です。

パイプ受けのビス留め方法

気を付けたいのは、ビスが長すぎると、ユニットの外を通っている電線や上水のフレキ管に当たる恐れがある点です。ユニットバスの裏側を確認するのは無理なので、ビスがユニット壁から突き出さないよう、ユニットの厚みを確認してビスを選びます。

壁の厚みはメーカーや型番でまちまちなので、自分で調べるしかありません。調べる方法は、

ユニットの上部に点検板があれば、外してユニットの断面を確認する

すでに取り付けられているタオル掛けや台などの固定ネジを抜いてみる

簡単なのは、すでに工務店が取り付けたネジを一度抜いてみて、同じ長さのネジを使うことです。後で付け直したときに、少し緩くなっても影響しないところを外しましょう。

たとえば、4ヶ所で止められているもののうちの一ヶ所を外せば、もしそこがダメになっても大勢に影響が出ません。

テキストのコピーはできません。