浴室にタオル掛けやフックをつけたい

NO IMAGE

浴室で使う風呂おけ(洗面器)やバス椅子がカビにくいとうれしいですね。そのため、床面に放置せず、なんでも床から上に吊っておくという収納方法が、インテリアの達人によって広まっています。

ですが、浴室にちょうど良いタオル掛けやフックがない場合もあります。とりつけにしても、吸盤タイプのフックは落ちることが多く、使用感はいまいちです。

もし他の方法で、壁面にタオル掛けやフックを追加できたら、便利じゃないでしょうか。

固定する方法

壁面に傷をつけず、タオル掛けやフックを固定するには、接着基材を傷めない接着剤・スーパーXが便利です。

スーパーXは、一液で自然に固まる弾性接着剤です。セメダイン社が出しています。水と温度変化、衝撃に強い特長があります。

タオル掛け・フックの素材

お風呂場で水がかかりますので、濡れてもさびないアルミやステンレスのワイヤータイプ、またはプラスチックを使います。

スーパーXは様々な素材を良く接着しますが、中でも金属や塩ビ、ポリカーボネートなどの硬い樹脂とはよく接着します。

取り付け方

タオル掛けの固定面と浴室の壁に、それぞれスーパーXを塗って伸ばし、しばらく置きます。表面に粘着性がでてきたら接着します。

貼り合わせた時には接着性が引くいので、初期の強度が出るまでの間、接着物が落下しないよう、養生テープなどで一時的に補強しておきましょう。だいたい1,2時間はかかります。

もしはがしたいときは、ドライヤーで暖めると柔らかくなり、カッターなどで削り取りやすくなります。

テキストのコピーはできません。