賃貸DIY> 板壁の正しい貼り方は?

NO IMAGE

回答:
2×4材を2本立てて柱とし、柱に壁板を釘かビスで留める。すのこを代用して柱に留めても良い。

板壁の貼り方

賃貸ですと壁に傷をつけられないため、インテリアで出来る範囲が狭くなります。板壁を貼るとおしゃれにディスプレイすることが可能になります。一人暮らしの部屋でも見せる収納を実現できます。

板壁は、棚板や観葉植物、小物等をさらに引っ掛けて留める可能性を考え、強度をしっかり確保した貼り方で行うほうが良いです。

おすすめは、2×4材をディアウォールなどでしっかりと床から立てて柱にし、柱に板を釘で留めます。板は横向きに貼ることになります。

貼り方は大きく分けて二つあります。

板同士を隙間を開けて貼る、スノコ風
板同士に隙間を開けず貼る

隙間をあけて貼るほうが、フックを掛けやすく使い方の自由度があがります。その代わり、壁面が見えてしまうので隠したい場合には向きません。

隙間を開けず貼ると、間仕切りのように目隠しになります。テレビを掛けるなら強度が上がるこちらが良いでしょう。

隙間を開けたいが目隠しにしたい

板壁には隙間をあけて、おしゃれなアクセントをつけたいけれど、後ろは透けて見えたくない場合もあります。透けさせないように、最初に一枚~複数枚の広い板を釘で貼り、広い板の上に板壁用の長板を貼ります。強度があまり必要でなければ、化粧釘や隠し釘、両面テープで施工することも可能です。

テキストのコピーはできません。