木工用ボンドが手についたら?取り方は?

NO IMAGE

回答:

耐熱性がないためお湯でもむと取りやすい。接着成分は油分なので、せっけんをつけてこすれば取れる。

解説

木工ボンドの概要

木工の作業で、木材同士を接着する場面では木工用ボンドにお世話になります。学校の工作の授業を皮切りに、ちょっとした小物の製作、木工製品の剥がれの補修などに活躍します。

木工ボンドは100均でも手に入るので、気軽に使えますか、一旦手についてしまうとどうしたら取れるのかわからなくなってしまいます。

どうしたら良いのでしょうか。

木工用ボンドの仕組み

基本的な木工用ボンドの成分は、木工用接着剤の代名詞となった木工用ボンドをはじめ、一般的には酢酸ビニル系の樹脂が主成分です。これを水に溶けるように処理して、液体状にしています。

元が水に溶かしてあるため、再度水に接触させると接着力が劣化します。耐熱性もないため、お湯で念入りにふやかして取り去るのが簡単です。

また、接着樹脂は油分ですが、水に溶けるよう乳化させたものが木工用ボンドです。油分ということでせっけんが除去に効きます。油分が界面活性剤の働きにより、手から離れやすくなります。

テキストのコピーはできません。