キャスターの許容荷重(daN)はどう見れば良いの?

NO IMAGE

回答:

キャスター一個あたりの許容荷重を単純に個数分掛け算し、そこに×0.7~0.8して安全を見ておけばよい。daNという単位は、ほぼkgと読み替えてよい。

解説

キャスターの許容荷重

キッチンやバス周りなど、キャスター付きラックやキャスター付きワゴンを、おしゃれなインテリアに取り入れる暮らしが広がってきています。収納家具を自由に移動することができ、使わないときは端に寄せるなどして部屋を広く使えます。

キャスター付き収納は、IKEAやニトリでも取り扱っていますが、気に入った収納家具に、DIYでキャスターをつけてもいいですね。その日の気分に応じて、自分らしいレイアウトに変えることができます。

そんな便利なキャスターですが、キャスター一つあたりの許容荷重はカタログで分かっても、キャスターを取り付けた収納の上限の荷重がわかりません。どう計算すれば良いのでしょか。

均等に荷重がかかるなら単純

ワゴンのように、四隅にキャスターが付いて均等に重みがかかる場合は、単純です。

キャスター一個あたりの許容荷重を、単純に4倍します。50daNなら、4倍して200daNになります。daNはデカニュートンという単位で、1daN=約1.02kgです。

4倍した数値は、静置する試験での許容値のため、動かすことを考えるともっと安全を見ます。キャスターメーカーは、おおむね0.7~0.8を掛けた荷重を上限とするよう推奨しています。

荷重が均等ではない場合

一か所に荷重が多くかかる場合、重心を計算して、キャスターにかかる最大の重さを求めます。

とはいえ、収納家具ごとの個別性が強くケースバイケースです。簡単に見積もるには、かたよった荷重がかかる部分のキャスターの個数だけをカウントすると良いでしょう。

前述では、キャスター一つの許容荷重を4倍していましたが、片側だけかたよるなら2倍するようにして、安全率を高めるようにします。

テキストのコピーはできません。