クローゼットに収納を増やす!壁面収納を作りたい

NO IMAGE

クローゼットにお気に入りの洋服をたくさんしまっている方は、バッグやポーチ、アクセサリはどうやってしまっていますか。

直接吊るす、ネットを吊るして入れる、などいろいろなアイデアで場所を確保しているかもしれません。床に直接、プラボックスを置いている方もいることでしょう。

いっそのこと、壁面収納を作って見栄え良く収納してみませんか。ディアウォール(diawall)という便利なDIYグッズで実現できます。

クローゼットに2×4の柱

ディアウォールは、2×4材を床と天井の間に突っ張って、簡単に柱を立てることができるグッズです。2×4材ですので、奥行きは10センチもありません。

二本の2×4材の柱に、専用の棚受けを使えば、高さ方向に複数の棚をつけることができます。

問題はクローゼットの天井板が強くないこと、つまり下地がほとんどないことです。もし、クローゼットの上の方に棚がある構造の場合は、床と棚の間に柱を立てないといけません。棚が傾かないか、強度も気になります。

そこで、2×4材の柱を立てる場合は、できるだけ天井側を構成する「木枠の角材」を突っ張ります。難しそうであれば、強度のある枠材の二箇所以上にかかるように角材を渡し、その角材を突っ張ります。

直接、たわみやすい板の部分を突っ張ると、柱が倒れやすくなりますのでやめましょう。

注意点

角材が動かないようにすること、角材がたわまないようにすること、この二点に注意してください。木材同士が接していると滑りやすく、不安手にならないよう注意を払う必要があります。

角材の固定

できれば枠材と角材同士をビスで貫通して固定してほしいですが、さもなければ、粘着性ゴムシートや防振パッドを挟みます。厚みのある強力両面テープでも構いません。

テキストのコピーはできません。