コーススレッドが回らない!対処法と失敗しないコツは?

コーススレッドが回らない!対処法と失敗しないコツは?

回答:

コーススレッドを打つインパクトを満充電に戻し、再び回るか試し、無理なら他の場所に打つ。
他の場所に打つ時は、木材が固いので下穴を開ける。
機構的にトルクが大きくなるオフセット式のラチェットドライバーを使うのも有効。

解説

コースが回らない

固い木材にコーススレッドを打つ時、途中から回らなくなってしまうことがあります。にっちもさっちもいかないとはこのことです。

ネジは、木材に埋まるほど摩擦が増え、回転力が必要になります。インパクトドライバーの印可回転力が摩擦力に負けると回らなくなりますので、インパクトドライバーが最高のトルクで動作するように、満充電に戻してから再度トライします。

再度試しても回らない時は、
①コーススレッドを逆回転で取り外し、固い箇所にドリルビットで下穴を開けます。ただし、長尺のコーススレッドを打ち込んでいるときは、下穴のためにも長尺のドリルビットが要ります。
②他の場所に打ちます。同じように途中から回らなくならないよう、最初に下穴を開けます。

なんとかそのまま回したい

ネジの頭が潰れていなくて、ドライバービットの回転力をネジに伝えることができる場合、手動のラチェットで回すとうまくいくことがあります。

ラチェットタイプのドライバーで、回転軸と持ち手部分が離れているオフセットタイプを準備します。板ラチェットと呼ばれることもあります。


オフセットラチェットドライバーは、ネジを回すのはレバーの左右反復動作で行います。回転軸から持ち手が離れているので、軽く回しても回転方向の力が入りやすい構造です。六角レンチと同じ論理です。

テキストのコピーはできません。