コーススレッドがまっすぐ打てない!対処法と失敗しないコツは?

コーススレッドがまっすぐ打てない!対処法と失敗しないコツは?

回答:
なるべく打ち初めの段階で曲がりを修正する。下穴を開けるのも有効。

まっすぐ打てない

コーススレッドは、2X4材などの肉厚木材を組み付けるときに重宝し、そのため全長が長いものを使うのが通常ですが、その分まっすぐ打つのが難しいです。

回転の強いインパクトドライバーを使うため、コーススレッドを指でつまんだり、ペンチで押さえたりすることは危険です。

棚や引き出しなどを製作するとき、90度に組み合わせた木材同士を締め付けるため、コーススレッドを垂直水平に打ち込むことが必要になります。コーススレッドが木材に食いついた程度の初期の段階で、縦横から眺めてまっすぐになるよう修正します。インパクトドライバーを超低速で回転させることができるなら、まっすぐに修正した状態でさらに奥へゆっくりと打ち込みます。

下穴を開ける

コーススレッドが斜めに入り、思わぬ箇所へ貫通するのを絶対に防ぎたい作業では、あらかじめ下穴を開けます。

コーススレッドを、ビットをつけたインパクトドライバーで打ち込むときは、手元から打ち込み位置まで距離が離れるため、水平垂直を維持するのが難しいです。

しかし、下穴を空ける際はドリルドライバーの手元から穴位置までが近いため、容易に木材へ垂直に穴を開けることができます。

一旦、まっすぐな下穴が開いてしまえば、コーススレッドが曲がることはありません。

テキストのコピーはできません。