カラーボックスでベンチを作りたい

カラーボックスでベンチを作りたい

カラーボックスは自分で組み立てる製品が多いですね。そのくらい構造は簡単です。

この~ボックス、縦横、背面のすべての板が一通りそろっているので、別の家具、たとえばベンチなどにリメイクしてみたいと考える方もいると思います。

強度は大丈夫か、どんな方法がよいか説明します。

カラーボックス本体の強度

ベンチにするためには、カラーボックスの上から板を載せることになります。

カラーボックスの素材は、繊維板(MDFやパーティクルボード)がほとんどです。軽く、断面も綺麗で、無負荷で長期間保管しても寸法変化が少ないという特長があります。

実はこれら繊維板は、折り曲げ方向の力に対しては、一枚板や集成材、合板と比べてとりたてて強度が大きい素材ではありません。

ところが、板の軽さから想像するよりも、板に対し縦方向に掛かる力への強度が大きいのです。

板の特性値がわかっていて、力の掛け方を決めるとを、板がどこまで耐えられるのか構造計算で求められます。

では、よくあるカラーボックスの繊維板で、板の高さを900mm、板厚を12mmとした時、

板の幅:450mm→480kg

板の幅:300mm→320kg

板の幅:150mm→160kg

となります。

たとえ板の幅が狭くても、人が乗っても問題ありません。更に板単体ではなく箱状に組み上げますので、重さが一枚の板だけにすべて掛かることはないので、強度は安心できます。

板材との締結

ベンチにするすてきな板を選んだら、カラーボックスとの接合方法を考えます。

カラーボックスに使わている繊維板(MDFやパーティクルボード)は、ネジが効きにくいという弱点があります。鬼目ナットを入れたり、貫通孔をあけた上で穴の両側からボルトナットで固定するのが確実です。

ベンチの板を固定するときは、ベンチ板にはL字金物をビスで留めます。反対側をカラーボックスに固定するときは、繊維板に貫通孔をあけて、L字金物とはボルトナットで締め付けます。

それでも、カラーボックス本体を組み上げる時は木ネジだけで締結したので、ベンチの板を固定するのもうまくできるのでは、と思われるかもしれません。

繊維板の断面に、狭い下穴を開けた上でビスで留めれば、それなりには固定できます。ですが、体重がかかる板を固定するので、安全をみて下穴に接着剤を塗って固定することをおすすめします。

テキストのコピーはできません。