カラーボックス机が狭い!改良法は?

NO IMAGE

カラーボックスをうまく使って、売り物?と思わずつぶやいてしまうぐらい、完成度の高い机を作っている方が、SNSではちらほら見かけます。

そのような手作りの達人をまねて、自分で初めて机を製作したときはあまり考えずに部材を集めてしまったけど、今さらだけど狭いので困った!という方、広くするときのチェックポイントを見ていきましょう。

板材の選定

単純に板材を広くすると、重くなるのもデメリットですが、力をかけるとたわんでしまうようになります。

その一方、板材が厚すぎても重くなりカラーボックスに負荷がかかります。

ちょうどよい、重くないけどたわまず安定するというところを狙いたいものです。

そこで、このたわみの量を先に知りましょう。これは、板材の強度特性を示すいくつかの性能値から、計算で求めることができます。

前提にする条件

自重でたわまない程度の厚みでは危なく、肘をついたり立ち上がる時に体重を掛けたりしても大丈夫な程度を想定しましょう。ヒトの上半身の重さは全体重の約24% (頭8%, 上腕8%, 二の腕6%, 手2%)と言われます。

計算にあたっては、体重60kgの成人を想定して上半身の重さは約15kgですから、余裕を見て20kgが掛かるときの試算にします。

スギ合板の場合

杉合板は、木造家屋の柱に使うよう木目がきれいな材料です。この杉合板について、板材の幅と板厚をさまざまに変えた想定で、たわみがどのくらい変わるのか求めてみました。

奥行きが450mm

奥行450mmのイメージは、カフェやコンビニのイートインで、窓や壁のほうを向いて作られた一人用の席程度の奥行です。

ちょっとした飲食や、スマホのチェック、ノートパソコンでの作業ができるイメージです。

この奥行でたわみが1mmのラインで良否を分けてみます。

奥行450mm 板材の支点間の距離
板材の厚み 600mm 900mm 1200mm
12mm 4mm 14.1mm 34.1mm
18mm 1.2mm 4.3mm 10.6mm
24mm 0.5mm 1.8mm 4.6mm

スギ合板はたわみ的に厳しいですね。普通に使う分には問題ないですが、とっさの時に体重をかけるとたわみやすいので、板材の支点幅を狭め、板厚も大きくとる必要があります。

奥行きが600mm

奥行600mmのイメージは、カフェの二人掛けの机ぐらいの奥行で、ノートパソコンを開きながら、その手前で資料を眺めるなんて使い方もできます。サイズはちょうど良いと思います。

奥行600mmの場合の試算です。たわみが1mmのラインで良否を分けてみます。

奥行600mm 板材の支点間の距離
板材の厚み 600mm 900mm 1200mm
12mm 3.1mm 10.8mm 26.4mm
18mm 0.9mm 3.3mm 8.3mm
24mm 0.4mm 1.4mm 3.7mm

450mmの時とおおむね同じで、板材の支点幅を狭めたうえで、板厚を厚くするようにします。

他の板材

スギ合板よりも強度があるのは、パイン集成材や、更にはサイズは限定されますが一枚板(マツ、スギ)などになります。

他にも、ラワンベニヤ合板など薄いベニヤを積み重ねた材料や、厚みのある角材を接着して積み重ねたランバーコアと呼ばれる板材もあります。ランバーコアはコア材の強度を生かして全体の強度も上がります。

ホームセンターなどで実際に触手t検討してみると良いでしょう。

テキストのコピーはできません。