カラーボックスにホワイトボードで扉を付けたい!失敗しないコツは?

NO IMAGE

回答:
フレームにクリップを取り付けて吊るす、フレームを分解して丁番用の孔をドリルで開ける、など工夫が必要

解説

賃貸でも、狭いワンルームや1Kでも、一人暮らしの整理から活躍してくれるカラーボックスを、もっと活用しようと考えている方が増えています。

収納の達人は、ニトリや無印、IKEAのカラーボックスを組み合わせて、おしゃれな収納を作ったり、部屋の間仕切りや目隠しにするなどして、様々な作品が人気を博しています。

カラーボックスは、そのままでは中身が丸見えですので、扉をつけて隠したいという方もいると思います。例えば、扉を閉めているときにも使えるホワイトボードで代用するにはどうすれば良いのでしょうか。

ホワイトボードのフレームを活かす

ホワイトボードは、大抵は外周にフレームがついていて、使用するボード面より出っ張っています。フレームが邪魔で、扉に加工するための丁番を固定することができません。

その代り、壁に引っ掛ける紐を通すフックがついているものもあります。このフックを使い、カラーボックスに吊るして扉の代用にします。

カラーボックス側に、フック釘(別名 ヒートン)を打って、ホワイトボードを吊るすと良いでしょう。

壁かけフックがホワイトボードについていなくても、ダブルクリップでフレームを挟むとフック代わりになります。

ホワイトボードのフレームを外す

ホワイトボードのフレームを外し、蝶番を取り付ける穴を直接開けるやり方もあります。

ホワイトボードは、マグネットがくっつくスチールの板と、中身の心材(紙板や樹脂ボードなど)からできています。スチールだけでボードを構成すると重すぎますので、スチール自体は薄く、心材とともにフレームによって固定されています。

フレームは取ることができます。スチールは、電動ドリルなどを使うと簡単に穴が開けられます。

ボード側に蝶番のビスを固定する穴をあけ、カラーボックスとの間を蝶番で止めれば、左右開きの扉にすることも可能です。

テキストのコピーはできません。