カラーボックスの扉は内側と外側、どちらが良いですか?

NO IMAGE

回答:
内側のほうがすっきりするが、扉の寸法決めがやや面倒。外側のほうが簡単。

解説

賃貸でも、狭いワンルームや1Kでも、一人暮らしの整理から活躍してくれるカラーボックスを、もっと活用しようと考えている方が増えています。

収納の達人は、ニトリや無印、IKEAのカラーボックスを組み合わせて、おしゃれな収納を作ったり、部屋の間仕切りや目隠しにするなどして、様々な作品が人気を博しています。

カラーボックスは、そのままでは中身が丸見えですので、扉をつけて隠したいという方もいると思います。扉は、内側と外側のどちらに固定するのが良いのでしょうか。

外側に扉を付ける方法

カラーボックスにはネジを打てますので、平型の丁番を使い、ネジで扉の板を固定すれば扉になります。

簡単なやり方は、カラーボックスの外側に扉を付ける方法です。まず、扉の開口部と同じ寸法の扉を用意します。

扉側に平型の丁番を、上下二ヶ所、あるいは上中下の三ヶ所にネジで取り付けます。その後、カラーボックスに丁番のもう片側を取り付けます。ボックス棚板の側面に取り付けるか、棚板の端面に取り付ける方法があります。

カラーボックスを横置きした場合、扉の厚みは、カラーボックスの板の厚みより小さくするほうが良いでしょう。扉を90度まで開けたときに、隣の扉とぶつかることを防げます。

内側に扉を埋め込む方法

扉を埋め込むと、カラーボックスの正面がすっきりしますね。

まず、扉の開口部よりも幅が小さい寸法の扉を用意します。

扉側に平型の蝶番を、上下二ヶ所、あるいは上中下の三ヶ所にネジで取り付けます。扉の側面に取り付けるか、扉の端面に取り付ける方法があります。その後、カラーボックスの棚板に蝶番のもう片側を取り付けます。

扉の厚みに制限はありませんが、扉の幅をぎりぎりにすると、扉を開けるときにカラーボックスの棚板と干渉して失敗します。

蝶番の固定に使うビスは、皿ネジにするべきですが、間違うと扉が入らないこともあります。どちらも細かいところですが、気を付けてください。

テキストのコピーはできません。