カラーボックスにワイヤーネットの開閉扉を付けたい!蝶番はどうつける?

カラーボックスにワイヤーネットの開閉扉を付けたい!蝶番はどうつける?

回答:

蝶番同士をゴムシートを挟んでワイヤーメッシュに取り付ける。手間をかけず扉にするなら、カラーボックス側にフック釘を付けて吊るのが簡単。

解説

賃貸でも、狭いワンルームや1Kでも、収納に活躍してくれるカラーボックスを、もっとうまく使いたいと考えている方が増えています。

例えば、カラーボックスはそのままでは中身が丸見えですが、金属網の扉をつけて見せる収納にしたいという方もいると思います。

ワイヤーネットは、どのように扉に加工すると良いのでしょうか。

ワイヤーネットを左右開きの扉にする

左右開閉の扉の動きをさせるには、丁番を取り付ける必要があります。

ただし、もとがメッシュですから開口があり、固定ビスは効きませんので、そのままでは使えません。

ワイヤーネットは、二枚の金属板で挟み込むようにして固定しましょう

片側は丁番を使うとして、もう片側にビスの穴位置が合っている金属板を配置します。

同じ丁番をダミー板として使うのが良いです。

すべりを防止する

二枚の金属板で挟む内側に、厚めのゴムシートを一緒に挟みます。

ワイヤーネットと丁番とが滑って動いてしまうのを、ゴムの摩擦で防ぎます。

ワイヤーネットは枠がついていることも多いので、ゴムシートの厚みで丁番を枠よりもかさ上げします。

すると、カラーボックス本体との固定もしやすくなります。

添付のビスはボルト・ナットに交換する

丁番に付属するネジは、木材や金属の土台に刺す想定のもので、木ネジのように先がとがっています。

これでは丁番同士を固定することはできません。

付属のビスではなく、ネジ径があっているネジ・ワッシャ・ナットに変更します。

100均やホームセンターで、探してみてください。

ワイヤーネットの開口して上開きにする

手間をかけずに扉にするなら、上開きが簡単です。

ワイヤーネットは、開口が多く空いていますので、この開口を使いカラーボックスに単に吊るします

カラーボックス側に、フック釘(別名 ヒートン)を打って、ワイヤーネットを吊るすと一番簡単でしょう。

100均で手に入る工具程度でも、十分に対応できます。

テキストのコピーはできません。