カラーボックスに網の扉を付けたい!失敗しないコツは?

NO IMAGE

回答:
ワイヤーネットは、カラーボックス側にフック釘を付けて吊るのが簡単。もっと凝るなら、工夫して蝶番を付けて開閉扉にすると良い。

解説

賃貸でも、狭いワンルームや1Kでも、一人暮らしの整理から活躍してくれるカラーボックスを、もっと活用しようと考えている方が増えています。

収納の達人は、ニトリや無印、IKEAのカラーボックスを組み合わせて、おしゃれな収納を作ったり、部屋の間仕切りや目隠しにするなどして、様々な作品が人気を博しています。

カラーボックスは、そのままでは中身が丸見えですが、メッシュの扉をつけて見せる収納にしたいという方もいると思います。ワイヤーネットは、どのように扉に加工すると良いのでしょうか。

ワイヤーネットの開口を活かす

ワイヤーネットは、開口が多く空いています。この開口を使い、カラーボックスに吊るして扉の代用にします。

カラーボックス側に、フック釘(別名 ヒートン)を打って、ワイヤーネットを吊るすと一番簡単でしょう。100均で手に入る工具程度でも、十分に対応できます。

この方法で、ワイヤーネットは上下に開閉する扉にすることができます。

ワイヤーネットを左右開きの扉にする

扉の動きをさせるには、丁番を取り付ける必要があります。開口があり、固定ビスが効きませんので、そのままでは使えません。

ワイヤーネットは、二枚の金属板で挟み込むようにしないと止まりません。片側は丁番を使うとして、もう片側にビスの穴位置が合っている金属板を配置します。同じ丁番をダミー板として使うのが良いです。

二枚の金属板で挟む内側に、ゴムシートを一緒に挟みます。ワイヤーネットと丁番とが滑ってしまうのを防ぎます。

ワイヤーネットに丁番を固定するネジは、付属のビスではなく、ネジ径があっているネジ・ワッシャ・ナットに変更します。

テキストのコピーはできません。