カラーボックスに有孔ボードで扉を付けたい!失敗しないコツは?

NO IMAGE

回答:

有孔ボードに直に蝶番を付ける時は、ボードの材質と強度に気を付ける。MDF材の場合は蝶番はビス径の小さいものを選ぶ。

解説

賃貸でも、狭いワンルームや1Kでも、一人暮らしの整理から活躍してくれるカラーボックスを、もっと活用しようと考えている方が増えています。

収納の達人は、ニトリや無印、IKEAのカラーボックスを組み合わせて、おしゃれな収納を作ったり、部屋の間仕切りや目隠しにするなどして、様々な作品が人気を博しています。

カラーボックスは、そのままでは中身が丸見えですので、扉をつけて隠したいという方もいると思います。どうせなら、有孔ボードを取り付けて、一台二役としたいところですが、どうすれば良いのでしょうか。

有孔ボードの特性

家庭用の有孔ボードは、MDF材と呼ばれる、短い木質繊維を成形した木質板を使っている商品が一般的です。

MDF材は、軽くて圧縮強度はありますが、外力で曲がりやすく、ネジも効きにくいという注意点があります。

フレーム付きボードを扉に加工するときの注意

有孔ボードのフレームに丁番を取り付けるとき、木枠の場合は木割れに気を付けます。

木割れとは、ビスを木材に締めていくときにネジの生み出す力に木が負けて、木目に沿って大きく割れ目ができてしまうことです。割れ目が木枠の縁まで達した場合は、とても扉としては使えません。

木割れを防ぐためには、丁番のビスの太さは細いものを選びましょう。あるいは、持っている手回し工具にキリやドリルがあれば、ビスを打つ位置にあらかじめ細い穴を、削って掘っておきましょう。これだけで、木割れのリスクを減らすことができます。

有孔ボード単体を扉にする方法

カラーボックスにはネジを打てますので、平型の丁番を使い、ネジで扉の板を固定すれば扉になります。

簡単なやり方は、カラーボックスの正面に扉を付ける方法です。まず、扉の開口部と同じ寸法の有孔ボードを用意します。

扉側に平型の丁番を、上下二ヶ所、あるいは上中下の三ヶ所にネジで取り付けます。MDF材はネジが効きにくいと述べましたが、木の繊維が短いため、木ネジを締め込む圧力に対して抵抗する力が弱くなります。最初に締め込むときは問題ありませんが、同じネジ穴を何回も使いまわすようなことをすると、ネジが効かなくなりますのでご注意ください。

ボード側に丁番をとりつけたら、カラーボックスに丁番のもう片側を取り付けます。ボックス棚板の側面に取り付けるか、棚板の端面に取り付ける方法があります。

テキストのコピーはできません。