カラーボックスでベッドを手作りしたい、強度は大丈夫?

NO IMAGE

一人暮らしを始めるとき、予算が限られる中で、みなさんは家具を何から揃えるのでしょう。

DVDを好きなだけ見るぞ、とか、アイスクリームを毎日食べたい、とか、自分の中で優先度が高いことから家具をそろえるのでしょう。

その中でベッドは後でいいかな、フロアに布団をしいて寝ればまずは用が足りるよね、と思っていたのに、そのうちベッドも欲しくなるかもしれません。

ベッドはなかなかリサイクルショップでも選べないので、好みのベッドを安く手にれるなら手作りもアリです。

カラーボックスをベッド代わりに

組み立て式のカラーボックスは、お店から一人で持って帰れますし、高さもベッドにちょうどいい、うってつけの素材です。

カラーボックスの開口部が上になるよう横倒しに置いて、体を支えるだけの板など敷き詰めれば、とりあえずのベッドの構造にはなります。

カラーボックスの強度

カラーボックスは軽い板が使われていますが、これでベッドとして強度は持つのか心配です。

カラーボックスに、一般的には繊維板(MDFやパーティクルボード)が使われているはずです。軽くて、断面もぎざぎざしないので刺さったりせず、そして安い!という利点があります。

この素材、どのくらいの強度があるのか、簡単に計算で求めてみました。板のサイズ、板の素材の特性値がわかれば、力学計算でどのくらい元の形を保てるのか、計算で求まります。

その結果ですが、板の高さを450mmとして、幅を変えて計算してみたところ驚きの強さでした。

板の幅:450mm→1,930kg

板の幅:300mm→1,290kg

板の幅:150mm→640kg

となります。

これは、単に立てた板に上から力をかけ、折れ曲がって壊れる時の目安の荷重です。

ベッドの用途では、板を垂直に組み合わせていますから、特定の向きに弱いこともありません。パーティクルボードやOSBのような繊維板を載せた簡易ベッドで、大人が数人載っても強度は問題ないということです。

上に載せる板にも注意

カラーボックスを支持台として使う分には、強度はまったく問題ないです。

でも、頭の方と脚の方だけを支えてベッド用の板を載せたら、重さによっては板の中間部分はたわんでしまいます。

上に載せる板の強度を高めようとすると、強度がある重たい木材を選んだり、厚みがある木材を選ぶことになり、かえって高くつきます。それならば、強度が高いカラーボックスを3、4つ敷き詰めて、板は安価なものですませるほうが良いでしょう。

テキストのコピーはできません。