カラーボックスでベッドを手作りしたい、強度は大丈夫?

NO IMAGE

おなじみのカラーボックスは、部屋の収納力を上げてくれる便利な家具ですが、上に天板を載せるといろいろと他の家具への応用が利きます。

すぐ手に入るニトリや無印、IKEA、カインズのカラーボックスを組み合わせて、一人暮らし用のベッドを作ることもできます。

ベッドにするとなると、人間の重さに耐えないといけません。強度は大丈夫でしょうか。

カラーボックスの強度

カラーボックスは、買ってきて自宅で組み立てるものが多くなってきています。組み立てられる程度の重さの板が使われていますが、素材は、繊維板(MDFやパーティクルボード)がほとんどです。

繊維板は軽く、断面も綺麗で、無負荷で長期間保管しても寸法変化が少ないという特長があります。

繊維板は、一枚板や集成材、合板と比べれば曲がりやすい素材です。しかし、板に対し縦方向に掛かる力については、問題ありません。

縦の板にある荷重をかけたときに、板が曲がるときの限界荷重は計算で求めることができます。ベッドではほとんどあり得ないと思いますが、カラーボックスを普通に立てて使い、その時の板の高さを900mm、板厚を12mmとした時、

板の幅:450mm→1,930kg
板の幅:300mm→1,290kg
板の幅:150mm→640kg

となります。

ベッドの用途では、カラーボックスを横向きにして使うと想定できますので、高さが450mmとなると更に強くなります。パーティクルボードやOSBのような繊維板を載せた簡易ベッドで、大人が数人載っても強度は問題ありません。

地震への対策

板材単体では問題ありませんが、実際は箱状に組んでいますので、地震がくると背板がない分、水平にゆれて平行四辺形に変形し、たわみます。組み合わせているところがダボ継ぎか、木ねじてで締結するかの違いはあれど、力が集中してしまいます。

望ましくは、カラーボックスの木枠に隅金をつけて補強しておきましょう。

テキストのコピーはできません。