カラーボックス製のテレビ台でレコーダーとテレビの配線はどうやって通す?

NO IMAGE

カラーボックスでテレビ台ができないかな?と思ったことはありませんか。収納に便利な定番家具ですが、縦横が直角に組み合わさった箱なので、いろいろな使い方が考えられます。

実際、一人暮らしの方や、賃貸に暮らす夫婦の方々などが、いかにもなテレビ台を買うのではなく、部屋のテイストにぴったり合うニトリや無印、IKEA、カインズのカラーボックスをざわざわ横置きにしてテレビ台代わりに使っているのを、SNSで見かけることも。

テレビ台として活躍させるには、レコーダーと接続するケーブルや電源コードをつながないといけません。カラーボックスを傷つけずにつなぐ方法はあるのでしょうか。

カラーボックスの背板をどうするか

カラーボックスは、買ってきて自宅で組み立てるものが多くなってきています。組み立てるときに、背板は板材の溝に合わせてはめ込む方式が主流です。

背板があると、テレビとビデオデッキの間が仕切られてしまうため、そのままでは配線ができません。

もし、この背板を取ってしまったらどうでしょうか。なければ配線の問題は起こりません。

実は、背板を取ってしまっても問題ありません。これが結論です。

カラーボックスの素材は、繊維板(MDFやパーティクルボード)と呼ばれる軽い板が使われることがほとんどです。断面も綺麗で、ささくれだって衣類を傷つけることもありません。

軽いということは弱いのかな、と心配になるのですが、背板があろうとなかろうと、この繊維板の強さはなかなかのものです。

縦の板にある荷重をかけたときに、板がくにゃっと曲がる、またはバキっと折れて曲がるときの限界の荷重は、必要なパラメータを決めれば計算できます。実際に壊してみる必要はありません。

では、板の高さを450mmとします。テレビ台にするためカラーボックスを横倒しにすると、このくらいの高さになります。

板厚は一例で12mmとした時、

板の幅:450mm→1,930kg

板の幅:300mm→1,290kg

板の幅:150mm→640kg

となるのです。

もう、人の重さを超えて余裕な強度を持っています。テレビ程度のものを載せても曲がったりはしません。

ということで、背板がなければ配線の困りごともそもそもなくなってしまますね。

万が一に備える

板材の単体で上から力をかければ、まったく強度は心配ありませんが、実際はカラーボックスは箱状に組んでいますので、地震などの揺れがくると背板がない分、水平にゆれて平行四辺形に変形したりたわみます。

板の強度の問題ではなく、もう組み合わせているところの強度の問題です。とはいえ、つなぎ目が壊れてテレビが床に落ちたのでは困ります。

望ましくは、配線が通せる隙間は確保しつつ、地震への対策もできるよう、自分の好みの幅を覆う背板を準備しましょう。

素材は、100均でも入手が可能なMDF板材が良いです。板材を、ボックスが平行四辺形に変形するのを妨げるように差し入れます。

加えて、板材のMDF材は、面内の局所的な力には逆に弱く、たわんだり、陥没したりするため、MDF材を守るために、たわみや陥没しにくい補助板を複数の縦板にかかるように置くと良いです。

背板はなくても、大地震クラスに見舞われない限りは実用上の問題がありませんが、MDF材の曲がりや陥没は、対策しなければ、時間の経過で確率的に発生します。補助板を渡す対策は施しておくべきです。

テキストのコピーはできません。