カラーボックスでテレビ台作り、配線はどうやって通す?

NO IMAGE

カラーボックスでテレビ台ができないかな?と思ったことはありませんか。収納に便利な定番家具ですが、縦横が直角に組み合わさった箱なので、いろいろな使い方が考えられます。

一人暮らしの方や、賃貸に暮らす夫婦の方々などが、部屋のテイストにぴったり合う、インテリアとしておしゃれなテレビ台を実現したいな、思ったときに、すぐ手に入るニトリや無印、IKEA、カインズのカラーボックスを組み合わせて、テレビ台にできると嬉しいですね

テレビ台にするには、カラーボックスの板面にテレビを置けばOK、とはいえ、ビデオデッキと接続する配線をつながないといけません。カラーボックスの中に設置したビデオデッキとはどのように配線すれば良いのでしょうか。

カラーボックスの背板の働き

カラーボックスは、買ってきて自宅で組み立てるものが多くなってきています。組み立てるときに、背板は板材の溝に合わせてはめ込む方式が主流です。背板があると、テレビとビデオデッキの間が仕切られてしまうため、そのままでは配線ができません。

もし、この背板を取ってしまったらどうでしょうか。なければ配線の問題は起こりません。

実は、背板を取ってしまっても、テレビを載せた時にすぐ倒れてしまうことはありません。というのも、カラーボックスを構成する板材は、縦方向の圧縮にはよく耐える素材のためです。

カラーボックスの素材は、繊維板(MDFやパーティクルボード)がほとんどです。軽く、断面も綺麗で、無負荷で長期間保管しても寸法変化が少ないという特長があります。

繊維板は、一枚板や集成材、合板と比べて曲がりにくい素材ではありません。ですが、板に対し縦方向に掛かる力については、問題ありません。

縦の板にある荷重をかけたときに、板が曲がるときの限界荷重は計算で求めることができます。板の高さを900mm、板厚を12mmとした時、

板の幅:450mm→1,930kg
板の幅:300mm→1,290kg
板の幅:150mm→640kg

となります。テレビ程度のものを載せても曲がったりはしません。

地震に備える

板材単体では問題ありませんが、実際は箱状に組んでいますので、地震がくると背板がない分、水平にゆれて平行四辺形に変形し、たわみます。組み合わせているところがダボ継ぎか、木ねじてで締結するかの違いはあれど、力が集中してしまいます。

望ましくは、配線が通せる隙間は確保しつつ、地震への対策もできるよう、自分の好みの幅を覆う背板を準備しましょう。

素材は、100均でも入手が可能なMDF板材が良いです。板材を、ボックスが平行四辺形に変形するのを妨げるように差し入れます。

加えて、板材のMDF材は、面内の局所的な力には逆に弱く、たわんだり、陥没したりするため、MDF材を守るために、たわみや陥没しにくい補助板を複数の縦板にかかるように置くと良いです。

背板はなくても、大地震クラスに見舞われない限りは実用上の問題がありませんが、MDF材の曲がりや陥没は、対策しなければ、時間の経過で確率的に発生します。補助板を渡す対策は施しておくべきです。

テキストのコピーはできません。