カラーボックスを使いテレビ台を自作するときのコツ

NO IMAGE

組み立て家具の代表であるカラーボックスは、仕切り板を自由に入れてライフスタイルに合わせた収納を増やせる便利な家具ですが、横置きしてテレビ台代わりに使っている方もいます。

一人暮らしの方や、賃貸に暮らす夫婦の方々などが、部屋のテイストにぴったり合う、インテリアとしておしゃれなテレビ台を実現したいな、思ったときに、すぐ手に入るニトリや無印、IKEA、カインズのカラーボックスを組み合わせて、テレビ台にできると嬉しいですね

テレビ台の自作のやり方は、シンプルに言えば、カラーボックスの板面にテレビを置けばOKです。とはいえ、ビデオデッキのケーブルの繋ぎはどうするとか、テレビの置き方のコツは?など、いろいろと心配事はあります。以下に自作のコツをまとめました。

ビデオデッキのケーブル扱い

カラーボックスは、買ってきて自宅で組み立てるものが多くなってきています。組み立てるときに、背板は板材の溝に合わせてはめ込む方式が主流です。背板があると、テレビとビデオデッキの間が仕切られてしまうため、そのままではケーブルが通りません。

もし、この背板を取ってしまったらどうでしょうか。なければ、ケーブルは自由に配置できます。

実は、背板を取ってしまっても、テレビを載せた時にすぐ倒れてしまうことはありません。というのも、カラーボックスを構成する板材は、縦方向の圧縮にはよく耐える素材のためです。

カラーボックスの素材は、繊維板(MDFやパーティクルボード)がほとんどです。軽く、断面も綺麗で、無負荷で長期間保管しても寸法変化が少ないという特長があります。

繊維板は、一枚板や集成材、合板と比べれば曲がりやすい素材です。しかし、板に対し縦方向に掛かる力については、問題ありません。

縦の板にある荷重をかけたときに、板が曲がるときの限界荷重は計算で求めることができます。板の高さを900mm、板厚を12mmとした時、

板の幅:450mm→1,930kg
板の幅:300mm→1,290kg
板の幅:150mm→640kg

となります。カラーボックスを縦に使った前提では高さが900mmですが、横置きして高さが450mmになれば更に限界は高まります。

テレビの置き方

板材のMDF材は、面内の局所的な力には逆に弱く、たわんだり、陥没したりします。たわみ続けると、その形に変形してしまいます。テレビの重量により、どのくらいたわむかは計算で求めることができます。

棚の縦板の間隔を変数として変えて、テレビの載せる板材の奥行を300mmとした場合で試算します。20kgのテレビを板の中央に載せた場合に、たわみが1mmのラインで良否を分けてみます。

奥行300mm 板材の支点間の距離
板材の厚み 300mm 450mm 600mm
15mm 0.5mm 1.8mm 4.2mm
20mm 0.2mm 0.7mm 1.8mm
25mm 0.1mm 0.4mm 0.9mm

板材がカラーボックスに棚の板に掛かる位置を支点とした場合、支点間の距離が広くなると、たわみに弱くなるため、MDF材を厚くする必要があることを示しています。

基本の作り方として、テレビを載せるなら二段のカラーボックスを使うということです。テレビをカラーボックスの中央に置くと、縦板の上に配置されますので安定します。

もし、三段のカラーボックスを使う場合、MDF材をへこみから守るために、たわみや陥没しにくい補助板を複数の縦板にかかるように置いても良いです。

テキストのコピーはできません。