カラーボックスにテレビを載せて重さは大丈夫?代用できる?

NO IMAGE

収納家具としてなじみのあるカラーボックスは、安くて使い勝手もよく、いくつも持っている方は多いと思います。

そんなカラーボックスをテレビ台に代用できれば、専用のテレビ台を買わなくてもすみます。

ではうまく手作りするには?作り方のポイントをまとめました。

セオリー通りの作り方

すぐ手に入るニトリや無印、IKEA、カインズのカラーボックスは、だいたい構造は似ています。

材料は、左右の縦板、上下の横板、背面の背板と、棚板があるはずです。板同士の固定の方法は、各社でネジ留めやダボ繋ぎなど何パターンかにわかれます。

テレビ台として使うなら、シンプルに言えば、カラーボックスを横倒しして縦板だったところにテレビを置く、という使い方です。

とはいっても、ビデオデッキを周辺に置けるか、ケーブルをどう繋ぎ込むか、テレビの置き方のコツは?など、いろいろと心配事はあります。

ビデオデッキのケーブル扱い

組み立て式のカラーボックスが主流な現在ですが、組み立てるときに、背板は板材の溝に合わせてはめ込むことが多いです。組み立てた後も抜き差しできることもあります。

でも背板があると、テレビとビデオデッキの間が仕切られてしまうため、そのままではケーブルが通りません。

さて、この背板を取ってしまったら強度的に危ないのでしょうか。もし背板がなく貫通していれば、ケーブルを通せるのかという問題はありません。

カラーボックスの強度は高い

実は、背板を取ってしまっても、テレビを載せた時にすぐ倒れてしまうことはありません。

というのも、カラーボックスを構成する板材は縦方向の力にはとても強く、見た目は弱弱しくてもテレビ程度は楽勝なためです。

カラーボックスによく使われる軽い板のことは、繊維板(MDFやパーティクルボード)と呼ばれます。木材を細かい繊維状に加工して、接着剤を混ぜて板状に加工してあります。

なんとくなく、重たい一枚板や集成材、合板が強くて、繊維板は弱そうなイメージを持つかもしれませんので、数字で語ります。

繊維板の高さを450mm、板厚を12mmとした時、寸法パラメータと材質の特性値が判れば、破壊強度(※座屈荷重)は計算で求まります。

板の幅:450mm→1,930kg
板の幅:300mm→1,290kg
板の幅:150mm→640kg

となります。450mmの想定はカラーボックスを横置きしたときの高さ=450mmとみたためです。

このような高い強度ですから、使っているときに壊れる心配はなくなりますね。

テレビの重さは大丈夫?

そんなMDF材ですが、平面にテレビの重さがかかるような力にはそこまで強くなく、たわんだり陥没したりします。

長期間にわたってたわみ続けると、その形に変形してしまいます。でも、たわまなければその心配はありません。

また計算してみます。テレビの重さをかけて、どのくらいたわむかは構造計算でわかります。

棚の縦板の間隔を変数として変えて、テレビの載せる板材の奥行を300mmとした場合で試算します。20kgのテレビを板の中央に載せた場合に、たわみが1mmのラインで良否を分けてみます。

奥行300mm 板材の支点間の距離
板材の厚み 300mm 450mm 600mm
15mm 0.5mm 1.8mm 4.2mm
20mm 0.2mm 0.7mm 1.8mm
25mm 0.1mm 0.4mm 0.9mm

板材がカラーボックスに棚の板に掛かる位置を支点とした場合、支点間の距離が広くなると、たわみに弱くなるため、MDF材を厚くする必要があることを示しています。

基本の作り方として、テレビを載せるなら二段タイプのカラーボックスを使うということです。テレビをカラーボックスの中央に置くと、縦板の上に配置されますので安定します。

もし、三段のカラーボックスを使う場合、MDF材をへこみから守るために、たわみや陥没しにくい補助板を複数の縦板にかかるように置いても良いです。

テキストのコピーはできません。