パソコンデスクにスライドテーブルを追加したい

パソコンデスクにスライドテーブルを追加したい

おうち時間が増えて、パソコンに向かう機会が多くなってきたので、パソコン周りの使い勝手をもっとよくしたいと考える方も多いのではないでしょうか。

その中には、パソコンを使うときだけ引き出せるスライドテーブルがあります。キーボードがいつも机の上にのっていると、他の用途でデスクを使うときにも邪魔です。キーボードやマウスは、スライドテーブルに載せて普段はしまっておけると便利です。

では、スライドテーブルを自分で作るにはどうすれば良いのでしょうか。

可動テーブルの製作

スライドテーブルに何を載せるか、それに必要なサイズを決めます。キーボードとマウスを載せるのであれば、60から80センチの幅があれば入るでしょう。

そして、そのテーブルより一回り大きい棚板を準備します。棚板と、スライドテーブルとを、スライドレールで連結します。

スライドレールは、トレー板などをスムーズに引き出すためによく使われています。レールの内部にベアリングが入っていて、ベアリング球の転がりによりスムーズな動きになります。

棚板とスライドテーブルとが、スライドテーブルを上にして上下になるように配置します。

棚板をテーブル天板に固定する

スライドレールがついた棚板が作れたら、その棚板をデスク天板にぶら下げます。

まずは、左右2枚の側板を準備します。キーボードやマウスを載せる分だけ、スライドテーブルの上方に適度なクリアランスがあくよう、側板の高さは大きめにしてください。

側板をデスクの天板にビスで取り付けた上で、側板に棚をビスで留めます。

これで、スライドテーブルがデスク天板の下にしまわれた状態になるはずです。

テキストのコピーはできません。