クローゼットにカーテンをつけたい!失敗しないコツは?

NO IMAGE

回答:

伸縮ポールが使える。伸縮ポールにカーテンを吊るすと、カーテンの重みで落ちやすい。伸縮ポールの長さの中間を下から支えておく。

解説

クローゼットの扉は、多くの場合、折り畳み扉になっています。

クローゼットの中身が一度に見えるように、開口部を広くするためです。

便利な反面、小さい子供がいるご家庭では、子供の力では開けにくいので、常に開け放っている方もいるでしょう。

中が見えると、空間が雑然とした雰囲気になりますので、カーテンで中が見えないように隠すほうがスマートです。

カーテン設備がついてない場合

とはいえ、持ち家ならよいのですが、大家さんに断ってカーテン取り付け設備を付けるのも、大げさです。

そこで、伸縮ポールで代用します。

ポールにカーテンリングを通してあげれば、市販のカーテンを吊り下げることができます。

伸縮ポールの種類と課題

伸縮ポールとしては、ホームセンターで売られている、強力な突っ張り力を発揮するジャッキタイプと、100円ショップでも手に入る、バネで突っ張るタイプがあります。

ここでは、安価な100均の伸縮ポールを使う前提で、話を進めます。

伸縮ポールにカーテンを吊るしただけでは、使っていくうちに、カーテンを突っ張りの力で支え切れず、一緒に落ちてしまいます。

バネ式の伸縮ポールは、太いポールの内周と、伸ばす側の細いポールの外周とは、すきまがあるのが普通です。

そのため、ポールを元の長さの二倍に伸ばすと、すきまのせいでつなぎ目で一直線から外れて、折れ曲がりができます。

折れ曲がると、壁と接しているゴム面も壁から離れ、摩擦が効かなくなります。その結果、突っ張りが外れてしまいます。

対処法

突っ張りの力を引き出す

まず、伸縮ポールを長く伸ばさずに使うことで、折れ曲がりがなくなり、カーテンの重みに耐えるようになります。

間口が狭いクローゼットにカーテンを吊るす場合は、伸縮ポールが伸ばせる範囲の小さい方で使うと良いです。

次に、突っ張りを強くする工夫をします。普段、細いポールを回して突っ張る方であれば、加えて逆側の太いポールも回します。

両方のポールを回して、内部のばねを圧縮すれば、大きい突っ張り力が得られます。

伸縮ポールを伸ばす場合

幅広のクローゼットの場合、伸縮ポールを長く伸ばして使いたくなるでしょう。

この場合、折れ曲がる位置を別の伸縮ポールで下から支えて、一直線を保てるようにします。

カーテンを吊るしてから、左右のカーテンの合わさる位置を支えると良いです。カーテンの開け閉めに支障がない位置で支えましょう。

テキストのコピーはできません。