玄関にカーテンをつけたい、失敗しないコツは?

NO IMAGE

回答:

伸縮ポールを使ってカーテンを吊るせる。カーテンの重みで落ちやすいので、伸縮ポールを強く固定するため一工夫をする。

解説

玄関の中に入るだけで、視線を遮るドアなどがなく、リビングなど部屋の奥の方まで丸見えになってしまう、

こういった造りのお宅では、カーテンで中を見えないようにしたいところです。

しかし、新しく天井にカーテンの取り付け設備をつけるのは、工事費用もかかるし、大家さんから理解が得られないかも。

悩ましいですね。

カーテンの吊るし方

そこで、両側の壁を活用し、伸縮ポールを取り付けます。

ポールにカーテンリングを通してあげれば、市販のカーテンを吊り下げることができます。

カーテン落下の問題

伸縮ポールと一口でくくっても、大きく二種類にわかれます。

ホームセンターで売られている、強力な突っ張り力を発揮するジャッキタイプが一つ目、

残りは、バネで突っ張るタイプで、こちらは100円ショップでも手に入ります。

できれば、安価な100均の伸縮ポールを使いたいですね。ただしよく知られる問題があります。

伸縮ポールにカーテンを吊るしただけでは、使っていくうちに、カーテンを突っ張りの力で支え切れず、一緒に落ちてしまいます。

バネ式の伸縮ポールは、太いポールの内周と、伸ばす側の細いポールの外周とは、すきまがあるのが普通です。

そのため、ポールを元の長さの二倍に伸ばすと、すきまのせいでつなぎ目で一直線から外れて、折れ曲がりができます。

折れ曲がると、壁と接しているゴム面も壁から離れ、摩擦が効かなくなります。その結果、突っ張りが外れてしまいます。

対策

まず、伸縮ポールを長く伸ばさずに使うことで、折れ曲がりがなくなり、カーテンの重みに耐えるようになります。

玄関が廊下に通じてて、左右の壁が近い場合は、伸縮ポールが伸ばせる範囲の小さい方で使うと良いです。

次に、突っ張りを強くする工夫をします。普段、細いポールを回して突っ張る方であれば、加えて逆側の太いポールも回します。

両方のポールを回して、内部のばねを圧縮すれば、大きい突っ張り力が得られます。

テキストのコピーはできません。