リビング階段にカーテンをつけたい、失敗しないコツは?

NO IMAGE

二階建てのご自宅をお持ちの方の中には、居間に接続したリビング階段があるお宅があります。

二階を使う家族の行き来が見えて、便利な反面、二階の空間と切れ目がなくつながるので、エアコンの効きが悪くなるのが問題です。

カーテンを使って、簡易的に扉代わりにするのが良い方法です。

何を使って吊るか

カーテンを吊りたいところで、両側に壁があれば伸縮ポールをレール代わりに使うと良いでしょう。長さがあまり必要なければ、100円ショップでも手に入るメートルサイズの突っ張り棒で、カーテンを吊ることも可能です。

伸縮ポールでカーテンを吊る時は、伸縮ポールにカーテンリングを通して、そこにカーテン側のフックを引っかけます。簡単です。

使用中にトラブルを起こさないため

ちゃんとしたカーテンは意外と重たいため、突っ張りの力が中途半端だとポールごと落っこちてしまうことがあります。

これは、あらかじめ伸縮ポールを強く突っ張っておけば防げます。

いつも強く突っ張っているのだけど、と思うかもしれませんが、突っ張りのポールをくるくる回して伸ばしながら突っ張る方は、片側だけではなくもう片側のポールも回して、突っ張るとよいです。

片側のポールを回してキツキツになっても、もう片側のポールはもう少し回すことができて、その分バネをちぢめられるので保持力も強くなります。

テキストのコピーはできません。