リビング階段にカーテンをつけたい、失敗しないコツは?

リビング階段にカーテンをつけたい、失敗しないコツは?

二階建てのご自宅をお持ちの方の中には、居間に接続したリビング階段があるお宅があります。

二階を使う家族の行き来が見えて便利な反面、二階の空間と吹き抜けでつながり、エアコンの効きが悪くなるのが問題です。

そして、冬場は北側の壁で冷やされた冷気が一階に降りてきて寒い、という問題もあります。

寒さ対策はどうすればよいの?カーテンを使って、簡易的に扉代わりにするのが良い方法です。

両側に壁がある階段

リビング階段にしたことを後悔しても始まりません。冬場を除けば問題ないので、寒い時期を工夫して乗り切りましょう。

カーテンを吊りたいところで、両側に壁があれば突っ張り棒をレール代わりに使うと良いでしょう。

長さがあまり必要なければ、100円ショップでも手に入るメートルサイズの突っ張り棒で、カーテンを吊ることも可能です。

突っ張り棒でカーテンを吊る時は、突っ張り棒にカーテンリングを通して、そこにカーテン側のフックを引っかけます。簡単です。

落下トラブルを起こさない

ちゃんとしたカーテンは意外と重たいため、突っ張りの力が中途半端だと突っ張り棒ごと落っこちてしまうことがあります。

これは、あらかじめ突っ張り棒を強く突っ張っておけば防げます。

いつも強く突っ張っているよ、大丈夫でしょ?と思うかもしれませんね。突っ張りのポールをくるくる回して伸ばしながら突っ張る方は、片側だけではなくもう片側のポールも回して、突っ張るとよいです。

片側のポールを回してキツキツになっても、もう片側のポールはもう少し回すことができて、その分バネを縮められるので保持力も強くなります。

周囲に壁がない階段

階段を含めて二階まで吹き抜け、または階段の片側に壁がない場合、突っ張り棒でカーテンを吊るすのは難しいです。

ですが、階段の周囲に一階の天井があれば、工夫のしようはあります。

天井にカーテンレールを取り付けて、カーテンを吊る方法があります。やり方は一番シンプルです。

ですが、ここでは以下の理由で、他の方法をおすすめします。

天井にカーテンレールを取り付けるのは、冬場以外にカーテンを取り外したとき景観が悪くなること。

また、天井から吊るすような2.4メートル~2.5メートル長のカーテンは長すぎて、シーズンオフでもほかの場所に使えないですよね。

別の方法としておすすめしたいのは、2×4材(ツーバイフォー材)で天井に釘やビスを打つことなく柱を立てて、市販のカーテンやロールスクリーンの設置を可能にする方法です。

使うのは、2×4材とディアウォールです。

ディアウォールは、2×4材と組み合わせて天井・床を突っ張って柱を立てるDIY工具です。特に専門の工具がなくても、柱が簡単に建てられる優れもの。

2×4材の柱を立てて、階段の周囲、降り口を囲います。天井近くには、水平に支持材を渡します。

ここまでできれば、自由にカーテンレールを付けて、冷たい空気がリビングに来ないよう床をぴったりカーテンでふさいだり、上り口には使いやすいロールスクリーンを取りつけることもできます。

暖かい時期が来たら、これらの囲いはすべて外して、別室に片づけておくことができます。突っ張りだけでできる柱は、付け外しが簡単でメリットが大きいですね。

寒い時期はうまく工夫して冷気をさえぎり、それ以外の時期は空間を広くして、リビングを快適に使っていきましょう。

テキストのコピーはできません。