カーテンをパーティション代わりにつけたい、失敗しないコツは?

NO IMAGE

回答:

伸縮ポールが使える。伸縮ポールにカーテンを吊るすと、カーテンの重みで落ちやすい。伸縮ポールの長さの中間を下から支えておく。

解説

近年の住宅は、LDKの区別がなく一つの空間になっている造りが多いです。

広々とした感覚で暮らせる反面、ダイニングとリビングが繋がっていて、まとまりがない印象になります。

さらに、エアコンの効きが悪いという問題も生じます。

エアコンを使うシーズンに、一時的にでもパーティションがつけられたら、と思う方は、カーテンを試してみてほしいと思います。

カーテンの取り付け設備を天井に取り付けてカーテンを吊るせば、空気の移動を減らすパーティションに仕立てることも可能です。

しかし、大家さんから借りている住まいの場合は、設備を勝手につけるわけにもいきません。

一時的にカーテンを吊るす、簡単な方法はないのでしょうか。

一時的にカーテンをつける方法

季節によっては、パーティションがいらない、丸ごと外す可能性もあります。ならば、伸縮ポールを使って吊るす方法があげられます。

伸縮ポールは、壁の間をジャッキタイプで突っ張るものと、バネで突っ張るタイプがあります。

バネで突っ張るタイプは100円ショップでも売られています。これを使っていきましょう。

シンプルには、ポールにカーテンリングを通してあげれば、市販のカーテンを吊り下げることができます。

伸縮ポールの落下

伸縮ポールは、壁に摩擦でついていますので、大きい力をかけると落ちやすい弱点があります。

伸縮ポールに重いカーテンを吊るした場合、カーテンを突っ張りの力で支え切れず、やがて一緒に落ちてしまいます。

バネ式の伸縮ポールは、伸縮する太いポールと細いポールの内外の間には、すきまがあるのが普通です。

そのため、ポールを元の長さの二倍に伸ばすと、すきまの分だけつなぎ目で傾きやすく、折れ曲がりができます。

折れ曲がると、壁と接しているゴム面も壁から離れ、摩擦が効かなくなります。その結果、突っ張りが外れてしまいます。

突っ張りを強くする

まず、伸縮ポールを長く伸ばさずに使うことで、折れ曲がりがなくなり、カーテンの重みに耐えるようになります。

カーテンを取り付ける位置が、開口部の幅が狭いところであれば、この方法が効きます。

次に、突っ張りを強くする工夫をします。普段、細いポールを回して突っ張る方であれば、加えて逆側の太いポールも回します。

両方のポールを回して、内部のばねを圧縮すれば、大きい突っ張り力が得られます。

伸ばして使う場合

壁同士が離れている場合、伸縮ポールを長く伸ばして使いたくなるでしょう。

この場合、折れ曲がる位置を別の伸縮ポールで下から支えて、一直線を保てるようにします。

カーテンを吊るしてから、左右のカーテンの合わさる位置を支えると良いです。カーテンの開け閉めに支障がない位置で支えましょう。

カーテン取り付け設備をつける

持ち家で壁にネジ穴をあけてもよい場合、設備をつけてしまいましょう。

別の記事でくわしく説明を加えています。こちらをご覧ください。

カーテン取り付け設備を新しく取り付けたい、基本の方法は?

マンションやアパートに新しく入居した時、大きい窓なのにカーテンがついていない場合があります。新居を購入する際、…

DIYのFAQ集
https://diy-faq.club/curtain-rail-equipment/

簡易壁をつける

別の記事でくわしく説明を加えています。こちらをご覧ください。
DIYで簡易壁を作る、一つのスペースを二つに分ける方法

DIYで子供用に準備した個室へパーティションを製作した事例を説明します。目標は、2×4材と板で…

DIYのFAQ集https://diy-faq.club/wall-diy/

テキストのコピーはできません。