カーテンレールを新しく取り付けたい、基本の方法は?

NO IMAGE

回答:

カーテンレールを把持する金属部品(ブラケット)を強固に取り付けるため、壁の下地を確実に探し当てる。

解説

マンションやアパートに新しく入居した時、大きい窓なのにカーテンレールがついていない場合があります。

新居を購入する際、安くあげるため、様々な内装施工のうち自分たちで施工できるものは、見積もりから除く方もいることでしょう。

中でもカーテンレールは、窓の数の分だけ、材料費と施工費がかかります。
自分たちでできれば、その施工費は、他の費用にあてることもできます。

カーテンレールを自分で取り付ける時の、注意点を見ていきましょう。

カーテンレールのしくみ

カーテンを吊るす、フックがかかる穴があいた往復する部品は、ランナーと呼びます。

ランナーを収納しているのが、カーテンレール本体。

カーテンレール本体を把持しているのが、ブラケットです。

ブラケットには、壁や天井に取り付けるため、ネジ穴があります。ブラケット部分に、カーテンレールとカーテン本体の重みがすべてかかります。

ブラケットの位置を調整して、安定した壁に取り付けないと、カーテンごと落ちる事故につながります。

下地を探す意味

一般の住居では、壁の裏は意外とスカスカです。

私たちが普段見ている壁紙の裏には、石膏ボードがあります。石膏ボードの裏には、ところどころに柱が立っている他は、何もない空間です。

石膏ボードは、木ネジを打つと穴からポロポロと削れてしまいます。カーテンレールのブラケットの重みを維持するのは難しいです。

よって、木ネジがしっかりと把持される柱をめがけて、ブラケットを固定しなくてはいけません。柱のようにネジが効く部位を、下地と呼びます。

下地の探し方

まず、道具がいらない簡単な方法からです。

壁を、人差し指や中指の第二関節でトントンと叩いて、違う場所ごとの音を聞き比べましょう。

木材の下地があるところは叩いた時の音が響かず、やや低い音になります。

他方、下地がないところは、石膏ボードの裏側空間に音が響くので、高い音になります。

ボード裏の下地を探す工具

アパート、マンション住まいの場合、隣や階上の住民に気兼ねして、音を出して下地を探すのはできないこともあります。

そんな場合は、ホームセンターで入手できる、石膏ボードの下地探し針を使うとよいでしょう。

この工具は、先端に細い針が付いています。石膏ボードにこの針を刺し、そこに下地が無ければ貫通して最後まで抵抗なく突き抜けます。下地がある場所は針が下地の柱に突き当たるため、そこから先に進入しません。この違いで、下地の位置が判断できます。

針で壁に穴を開けて大丈夫?と思いますよね。とても細い針を使っている上、普通は石膏ボードには仕上げの壁紙が貼ってありますので、針を刺した後の穴はわかりません。簡単な仕組みですが、効果は絶大ですのでオススメします。

石膏ボードに少しでも針穴を開けるのは、賃貸だから避けたいな、とお考えの方は、非接触で下地を調べる電子式の下地センサーを使いましょう。

壁・天井の表面でセンサーを上下左右に滑らせると、下地があるところではLEDが点灯するので、点灯する範囲をマーキングして下地を特定します。

このセンサーは静電容量式という電子回路タイプで、測り初めの場所を基準として、違いがある場所を教えてくれます。ですので、測り初めの場所に運よく下地がいた場合、やり直す必要があるなど使い方に少しコツがいりますが、仕組みを知らなくてもどなたでも扱えます。

下地の場所が分かるとしっかりと固定できますので、ぜひ持っておきたい道具です。

まとめ

カーテンレールのブラケットが、下地にしっかりと留めてさえあれば、他に作業上の注意はありません。

カーテンの配置や、カーテン下部と床の間隔など、お好みで調整していただいてかまいません。

せひ、カーテンレールの取り付けにチャレンジしてみてください。

テキストのコピーはできません。