ディアウォールを屋外に立てたい!対処法と失敗しないコツは?

NO IMAGE

回答:
ベランダでは防水と防カビ処理をした木材を使う。温度変化は影響が少ない。

賃貸でも、狭いワンルームや1Kでも、一人暮らしの作業で2×4材の収納を作れる!突っ張り式なので2×4材や1×4材の柱を立てても賃貸に傷をつけない、という機能的なDIY部品「ディアウォール(diawall)」「ラブリコ(labrico)」「ウォリスト(walist)」が人気です。

アイデア次第でおしゃれなインテリアを作れるので、エクステリアつまり屋外でも使ってみたいと考える方もいるでしょう。

屋外で使うときのポイントは、直射日光の耐久性と湿度変化、温度変化です。

このうち、日光と温度に対して元々木材は耐久性があるのですが、一番の大敵は湿度変化、つまり防水です。対策として2×4材は塗装しましょう。

木材の寸法変化の原因

木材が反ったり収縮や膨張するのは、湿度の影響が大きいと言われます。木材は加工した後も、空気中の水蒸気を吸ったり吐いたりと調湿効果を発揮します。この時、木材の寸法変化を起こしてしまうのです。

片側が反ってしまう可能性も

屋外に柱を立てたとき、雨が当たるとその面だけ水分を吸収し膨張します。ホームセンターで売られている木材は乾燥処理をされた上で寸法が決まっていますので、湿度が高まると膨張する側に進むのです。

水分を吸った状態では、木が反ってしまう恐れがあります。その結果として、取り付けた横板や天井の突っ張りが不安定になるかもしれません。

塗装を活用する

このような不都合を避けるために、木材は耐水性のある塗料を用いて塗装します。通常、防カビや防虫の用途で使う薬液は木材に染み込ませることが必要なため、耐水性には効果を発揮しません。

その点で、ニスは木材表面に薄い被膜を作り、防水効果を発揮します。工務店や外壁塗装屋などプロが良く使うのは、ウレタン樹脂塗料やシリコーン樹脂塗料、フッ素樹脂塗料ですが、DIYで使えるニスにもウレタンニスがあります。DIYで行う塗装には、ウレタンニスがコスパも良く向いています。

テキストのコピーはできません。