ディアウォールの柱から板はどのくらいはみ出しても大丈夫?

NO IMAGE

回答:

2×4柱の長辺が壁に向いている場合、20kg程度の重量を載せるなら板のはみ出しは200mm以内ならずれることはない。400mmぐらいせり出すと柱のたわみが見える。

解説

ディアウォールで2×4材の柱を立てて、板を渡す場合、どのくらい柱から出っ張っても大丈夫か気になりますね。床は耐力が強く楽勝でも、バランスを崩してしまっては残念です。重みのせいでたわんで、突っ張りがずれてくることになります。

どのくらいが妥当か、SPF材の2×4を使ったとして、構造計算で試算してみます。

2×4の高さ2,400mm、板を200mmだけせり出した場合

天井まで2,400mmで、高さ600mmの位置に付けた棚を200mmせり出させたとして、ここに、20kgの重量を掛けるとします。この時、柱は片側で1mm未満のたわみに抑えられます。

ディアウォールの天井側の突っ張り力は、

押す力→10kg

摩擦係数→0.5

として、約5kgと考えます。200mmのせり出しの時、天井側の突っ張り部にかかる滑りの力は約2kgと計算でき、十分に余裕があります。

400mmまでせり出した場合、たわみは1.5mmを超えてやや目立つでしょう。あまり重いものを載せない方が安心です。

2×4の高さ2,400mm、板を800mもせり出した場合

天井まで2,400mmで、高さ600mmの位置に付けた板を800mmせり出させたとして、ここに、20kgの重量を掛けるとします。この時、柱のたわみは約3.4mmと計算でき、かなり危険であるとわかります。たわみによる滑りの力も、ディアウォールの突っ張り力を超えてきますので、かなり不安定になると試算されます。

普通のDIYででここまでせり出すことはないと思いますが、作業台のような使い方をする場合はこの程度の奥行が必要になります。しかし、2×4の柱を短辺が壁に向くように縦に立てれば、たわみの力に強くなるため構造物として成り立ちます。

テキストのコピーはできません。