2×4材一本だけのディアウォールでキャットタワーの作り方

2×4材一本だけのディアウォールでキャットタワーの作り方

賃貸でも、狭いワンルームや1Kでも、一人暮らしの作業で2×4材の収納を作れる!突っ張り式なので2×4材や1×4材の柱を立てても賃貸に傷をつけない、という機能的なDIY部品「ディアウォール(diawall)」が評判です。

賃貸に住んでいても、ニャンコを飼っている方は多くいると思います。ニャンコが喜んでくれる姿をニヤニヤと想像しつつ、ディアウォールでキャットタワーを作ろうとしている方もいらっしゃるのではないでしょうか。持ち家であっても、大掛かりでニャンコが喜ぶキャットタワーが出来たら、と夢が膨らみますね。

2×4材の柱を立ててキャットタワーを作る方法は、飾り棚のような軽いものを載せる場合の作り方にならうのがポピュラーです。2×4材を2本間隔をあけて固定し、その間に棚板を渡す方法です。

しかし、市販されている出来合いのキャットタワーのように柱を一本だけ使い、板はらせん階段のように配置する、ニャンコが喜びそうな配置はどうやって作るのでしょうか。

2×4材を2本以上立てる場合

ホームセンター DCMホールディングス
ディアウォールでキャットタワー

ホームセンターの最大手、DCMホールディングスがウェブサイトでキャットタワーの作品例を公開しています。板をL字の棚受け部品を使って、板の二か所で固定します。二か所で固定すれば、ニャンコが載っても棚板が傾いたりする恐れは少なくなります。

2×4材を1本立てで作る場合

一本立てでキャットタワーを作る場合、普通に配置すると棚受けを一つしか使えなくなりますが、棚受けを一つだけで棚を保持するのは大変危険です。てこの原理が働き、棚受けから遠いところにニャンコが乗ったりすると、ニャンコの体重の何十倍もの荷重がネジにかかることもあり得ます。(※板の長さや棚受けの構造によって異なります)

板を二か所で固定できるように、板自体を2×4材の二つの側面に接するよう加工してあげます。

棚受け金具は、2×4材の側面二か所に取り付けます。棚受け金具はディアウォールの正規品にこだわる必要はありません。他の2×4材用の部品でも良いですし、単品で市販されている棚受けL字金具でも構いません。

おすすめは正方形状の柱

2×4材の寸法は38x89mmの長方形で、ディアウォールのキャップを取り付けると設置面積はもっと大きくなります。このキャップ部を背中合わせにして2×4材を二本添わせると、おおむね89mm角の正方形配置になります。メリットは、

①二本で突っ張ることによる、安定感の向上
②形状のバランスが良くなり、らせん階段の配置がスマート

大人のニャンコの体重は3~4kgなどと言われます。多頭飼いをしていれば、キャットタワーにも同時に10kg近い荷重がかかることが想定されます。ニャンコにはできるだけ安定したキャットタワーをプレゼントしたいですね。

テキストのコピーはできません。