ツーバイフォーで机を自作、失敗しないコツは

NO IMAGE

家の中のちょっとした空きスペースに机を入れたり、娘息子が幼いころから机を与えたりしたいとき、サイズを自由に決められる自作机を考える方もいると思います。

自作の時の材料選びは、頭を悩ませるところです。ですが、机の基本構造は、ツーバイフォーを使えば作ることができます。

基本構造を見ていきましょう。

机の枠

まず、机の天板をのせるための木枠を作ります。

2×4材の約38mmの短辺が上下になるように立てて、長方形に組み合わせます。

角部が直角になるように、ツーバイフォー同士をコーススレッドで締結します。締結だけだと直角が崩れやすいので、L字金具で補強するようにします。

ツーバイフォーの厚みは38mmと厚いため、コーススレッドを貫通固定するためには、インパクトドライバがあった方が良いでしょう。

脚の立て方

脚に使う2×4材は、2辺を固定するようにします。

2辺を固定すると、グラグラしたりゆがみが出ることを抑えられます。

ツーバイフォーの脚の上に、木枠を載せたくなるですが、脚は木枠の内側角部に入れ、二方向からコーススレッドで貫通固定します。

見栄えをよくするため、内側からコーススレッドを打っても良いです。

天板を載せる

天板をのせるのは、あまり説明はいらないでしょう。

机を作る場合、天板の表側からビスを打てません。背面側からコーススレッドを打つ、背面をL字金物で固定する、といった方法が確実です。

テキストのコピーはできません。