DIYの騒音がうるさい!アパート・マンションではどうする?

DIYの騒音がうるさい!アパート・マンションではどうする?

DIYでオシャレなインテリアに変えてみたい、出来上がりのイメージは決まった、ラフな設計も使う木材も決まった、となると、実際に作るタイミングになりますが、さてどこでやったら良いでしょう。

元の木材を必要な長さに加工するとなると広い場所が要ります。マンションやアパート住まいですと、そもそも自分の家に庭がないです。木材を広げて加工するには、リビングを片付けるかベランダぐらいしかありません。

一戸建てに住んでいたとしても庭が広くない、または近隣の家と近くてのこぎりの騒音がうるさいとか、塗装の匂いがクサイ!とか苦情は来ないか、と、いろいろ考えますね。

ベランダでDIYは

マンションで普通にあるように、二部屋からそれぞれ出られるタイプの広いベランダなら、木材を並べて加工することもできそうです。隣家への騒音、階下への木粉落下に十分に気を付けてください。

隣家への騒音

隣家との仕切り壁が薄い場合は音が伝わりますので、騒音による隣家とのトラブルに気を付けたほうが良いです。

反対にDIYの騒音について苦情を告げたい方は、以下のように殆どの電動工具は騒音大なので、臆せず屋内でやってほしいと伝えたほうが良いでしょう。

音の許容範囲
○電動ドライバーによる下穴開け
○のこぎりを手で引く
△インパクトドライバーによるネジ締め
(×インパクト・打撃を効かせた締め込み)

騒音大
×ジグソーによる角材、板の切断
×丸のこでによる板の切断
×ディスクグラインダーによる金属の切断

木材粉

木材切断で生じる木粉が、風に舞って階下の洗濯物を汚す可能性があります。ジグソーは工具自身が風を出して木粉を吹き飛ばしますので、木粉の飛び先にも気をつかう必要があります。

屋内のDIY

浴室でDIYはできるか

浴室内は風が舞うことがなく木粉の掃除が簡単で、屋外へ音が漏れにくいためおすすめです。

浴室内部は浴槽と洗い場に分かれているため、作業エリアを広く取れないことが多いでしょう。6フィート(1,820mm)の2×4材を半分に切るとして、浴室入り口から奥の突き当りまで910mm+αの奥行がないと、浴室内に木粉を落とす位置で切断することができません。

浴槽の縁に木材を載せてサポートするなど、置き方を工夫して切断すると良いです。足場が悪く、木材を自分の体重で固定することが難しいので、だれか家族に手伝ってもらうほうが良いでしょう。

玄関でDIYはできるか

玄関の屋内側にまとまったスペースがあれば、玄関もおすすめです。木材の切りカスが落ちても掃除が簡単です。

玄関ドアを入るとすぐ廊下が曲がっていたり、トイレドアがあったりと、玄関周りにはスペースがないことが往々にしてありますが、木材を斜めに配置するなど工夫してみてください。

どうしても作業場所がない

最寄りのホームセンターに、DIYスペースや加工室がないか問い合わせてみてはいかがでしょう。

作業する場所として便利なうえに、各種の工具を自由に使えることが多いです(有料の場合あり)。週末にDIYで自宅内に騒音を発して、家族から冷たい目で見られることもなく、かえってストレスが小さいかもしれません。

テキストのコピーはできません。