賃貸でもコードレスクリーナーを壁掛けにしたい、対処法と失敗しないコツは?

NO IMAGE

回答:

2×4の柱を壁に沿って立て、掃除機を掛けるフックを付ける。重量は10kg程度なら安全性に問題はない。

解説

賃貸で一人暮らしを始める方の中には、ダイソン(dyson)や家電メーカーのコードレス掃除機を手に入れる方も多いのではないでしょうか。ハンディ掃除機は、壁掛けにもできることが宣伝されているものの、賃貸では壁に穴を開けることはできず困ります。

こんな時、ディアウォールやラブリコを使って、屋内の壁際などにフックで掛けて収納するという手があります。

ディアウォールやラブリコの特長

賃貸でも、狭いワンルームや1Kでも、一人暮らしの作業で2×4材の収納を作れる!突っ張り式なので2×4材や1×4材の柱を立てても賃貸に傷をつけない、という機能的なDIY部品が「ディアウォール(diawall)」「ラブリコ(labrico)」「ウォリスト(walist)」です。

2×4材を天井と床の間に突っ張って立ててあげれば、そこが自由に加工できる柱、壁代わりになります。ダイソンの壁掛けフックを固定してあげましょう。

柱の安定さ

掃除機を掛けたら不安定にならないか、と懸念を持つ方もいるでしょう。掃除機の重みに対し柱はどこまで耐えれば良いかを考えるにあたり、構造計算で求めてみます。

掛けるクリーナーの重量は10kgと仮定します。実際は5kgもいきませんが、どのくらい余裕があるのかを確認するため過剰に設定します。

まず、ディアウォールの突っ張りの力→10kg程度です。

ディアウォールと天井の摩擦係数→0.5

とし、10kg×0.5=5kg (49N; ニュートン)の力を摩擦の計算上限界とします。

表の中の単位はNです。

  フックの張り出し長さ フックの床からの位置600mm 1,200mm 1,800mm 2,100mm
SPF 2×4 150mm 6.8 9.1 6.8 4
200m 9.1 12.2 9.1 5.3
300mm 13.7 18.3 13.7 8

49Nの計算限界に対し、結構出っ張った状態のフック出っ張り300mm、そして柱の中間付近が一番きついのですが、1,200mmの高さにクリーナーを掛けた、としてもまだ余裕があります。

実際は安全率を見ておく必要があり、半分の約24Nぐらいをボーダーラインとしたいところですが、それでも問題ないでしょう。

ただし前提条件として注意して欲しいのは、10kg以上の力で突っ張るという点です。

ディアウォールは施工の位置、木材のサイズによって突っ張りが不安定になることはよくあります。突っ張る天井と床には、下地があり安定した箇所を選び、安全な柱を立てるようにしてください。

突っ張りに不安がある場合は、ラブリコアジャスターを使うほうが良いです。ラブリコは天井とラブリコ本体が壊れない限り、突っ張りを相当強めにすることができます。

テキストのコピーはできません。