クローゼットに棚を追加したい、失敗しないコツは

NO IMAGE

クローゼットは、家族用の住居はもちろん、シングル用の住居にも見られるようになってきました。

このクローゼットですが、収納スペースとしては大きい容量を持っている割には、洋服をかけることに特化していて、いまいち空間を効率よく使えていません。

クローゼットに棚を追加することができれば、もっと収納力があがると思いませんか。

クローゼットの特徴

クローゼット内は、ちょうど良い高さに洋服がかかるように、目線の高さにはハンガーラックが配置されています。

ここを避けて、棚を作るしかありません。

もっとも、棚にこだわらず、床に衣装ケースをおいたり、市販の棚をおいて100均の多用途ボックスを綺麗に配置する方法もあります。

それでも、クローゼットの空間を横長に区切りたい方は、DIYに挑戦してみて欲しいと思います。

棚板の選び方

通常、家族用住居のクローゼットは横幅が広く、1m以上はあります。

この広い幅に渡す棚板も大きくなるため、棚板の両端のみを固定した場合は、物を載せた時にたわみやすくなる問題が起こります。

そのためにとれる方法は二つ、

強度の高い板を選ぶ

ランバーコア材などの合板か、元の強度が高い単板が良いでしょう。

あるいは、その他の木材でも厚みを稼ぐことで曲げ強度が高まります。

ただし、板が重くなります。板を買うときには、自分で作業ができそうな重さか、お店に足を運んで確認することをおすすめします。

角材を使う

断面が長方形の角材を、短辺が上下になるよう配置すれば、上からの重みに対して強くなります。

角材を2~3本使って、クローゼットの横方向に渡してやり、その上に適度な厚みの板を張れば棚になります。

ちょうど、けが人を運ぶ担架を思い浮かべていただければ良いです。

板の中央部分は反りやすくなるため、初めの角材と直角方向に梁を入れておきます。

棚板の固定方法

普通のクローゼットは、全体の造りが木工造作なので、釘やネジを打つことができます。

棚板は、棚受けやL字金具を使って固定するか、角材を棚受け代わりにクローゼットの壁に固定し、そこにのせるようにします。

横幅が広い板を使うため、傾いて取り付けると両端の高さの差が大きくなります。

しっかりと床からの高さに印をつけて取り付ける、高さにあわせた長さの角材に棚板を仮に載せて、左右の高さを合わせるなど、対策を行ってください。

テキストのコピーはできません。