折りたたみテーブルを作りたい、失敗しないコツは

NO IMAGE

お部屋のスペースに余裕がないという方の中には、テーブルは折りたたみで良いから、自分で作れないだろうか、と考える方もいるかと思います。

部屋の中に、いつもテーブルが出ていると、不要なものを置いたりして雑然とするのが嫌だ、ということもあります。

一人暮らしだと、部屋にベッドを置いたら他のスペースがなくなったので、テーブルは使うときだけ出したい、と必然性もあるかもしれません。

折りたたみ式のテーブルは、どこに気を付ければよいのでしょうか。

構造のポイント

日本のご家庭には、その昔から、ちゃぶ台というローテーブルの原型がありました。

ちゃぶ台は、脚を折りたたむテーブルの典型です。

折りたたみテーブルポイントは以下の3点です。

・脚に蝶番をつけて可動にする仕組み

・脚を開いたまま固定できる仕組み

・折りたたみの状態で脚同士がぶつからない仕組み

脚を可動にする

テーブルの脚は3~4本必要です。テーブル板に取り付けるときに蝶番をつかいます。

脚をしまうとき、テーブル板の中に隠れるとスペースを取りません。

基本、脚は内側に倒れるようにします。

脚を固定できる

脚を開いたとき、テーブル板と脚とが蝶番とは別に、しっかりと固定できるようにします。

これは、ドアに鍵を掛けるような仕組みです。たとえば、

掛け金タイプの鍵

このタイプは、別名、南京錠受けです。簡単にロックできます。

つっかい棒

脚が90度に開いたとき、内側に45度の角度でつっかい棒を入れると固定できます。

着け外しができるよう、つっかい棒はあらかじめテーブル板側はとりつけておき、脚へは金具で固定する良いでしょう。

木でつっかい棒を入れずとも、金物、例えばあおり止めを使ったり、開閉角度をあらかじめ決めるステーを取りつける方法もあります。

脚同士がぶつからない

ローテーブルの場合、脚が短いので、ぶつかることはあまり気にしません。

椅子に座ってつかうタイプだと、脚も長くなり、たたんだときに当たりやすくなります。

脚の取り付け位置は、たたんだ時に互いに当たらないことを優先して決めます。

そのため、脚の取り付け位置を線で結ぶと、きれいな正方形、長方形になるとは限りません。

平行四辺形、台形になると、おりたたんだときに脚の位置がすこしずつずれ、互いにぶつかりません。

テキストのコピーはできません。