ディアウォールでハンガーラックを作りたい、失敗しないコツは?

NO IMAGE

賃貸でも、狭いワンルームや1Kでも、一人暮らしの作業で2×4材の収納を作れる!突っ張り式なので2×4材や1×4材の柱を立てても賃貸に傷をつけない、という機能的なDIY部品「ディアウォール(diawall)」「ラブリコ(labrico)」「ウォリスト(walist)」を使う人が増えています。

これならば、おしゃれな洋服のディスプレイも自由自在です。あなたのアイデア次第で、セレクトショップのディスプレイのように、丁度良い目線の高さに、ハンガーをたくさん掛けられれば素敵ですね。

そこで、ハンガーラックのDIYに挑戦する際、気を付ける点をまとめました。

ハンガーラックはここを気を付ける

重量へ備える

ハンガーラックは、意図せず多くの洋服を掛けてしまうので、中にはコート類のように重量があるものでは、2×4の柱が不安定になり危険が生まれます。荷重に対する備えが必要です。

まず、直にハンガーをかけるポールは、ステンレス製のものが通販でホームセンターのラインアップから選べます。このポールは金属製ですので、たわんでしまうことはあっても、折れてしまうようなことはありません。

ポールを支える方式は、大きく二通りあります。一つ目は、2×4の柱を2本立てて、その間にポール受けを使ってポールを固定してしまう方法です。運動で使う鉄棒を想像してみてください。

二つ目は、壁側に立てた2×4材にL字アングルを取り付けてポールを支える方法です。バスタオル掛けを想像してみてください。

柱のたわみ計算で危険を予測

ポール受けで支える場合、2×4の柱はポールのたわみで引き寄せられますので、柱の突っ張りが滑ったりする可能性があります。ステンレスが強いといっても全くたわまないわけではありません。

柱が強ければ、柱の剛性でハンガーポールのたわみは抑えられますし、柱が弱ければ曲がり、ハンガーポールがたわんでバランスを取ります。限界を超えれば事故につながるでしょう。

どのくらいの重さを掛けると柱がたわむのか、構造計算で試算してみます。

ポールの両端を柱で支える場合

柱の突っ張り高さを2,400mmとし、ハンガーポールにかかる重量を自重も含めて20kgとします。洋服の合計の重さとしては相当ですが、これをポールの中間にすべての重さが掛かったと計算上は仮定し、ポールの幅固を変数として柱のたわみを計算し、早見表にしました。

計算の上では、柱に対し垂直に固定された理想的にたわまないポールの先端に、ハンガーの荷重がかかったとしています。

単位はmmです。

ポール高さ 横幅600mm 横幅900mm 横幅1200mm 横幅1820mm
1,800mm 0.3 0.4 0.6 1
1,200mm 0.1 0.15 0.2 0.3

固定の高さを上げたり、ポールの固定間隔を長くすると、たわみが大きくなります。あまりにたわむと天井の突っ張り面が離れ、突っ張りが効かなくなります。

上記の表程度なら、洗濯物の重量も安全を見て多めに試算しているため、ほとんど問題はありません。

柱にL字アングルを取り付ける場合

柱の突っ張り高さを2,400mmとし、ハンガーポールにかかる重量を自重も含めて20kgとします。L字アングルを2×4の柱に固定し、そこにポールを載せるため、柱は壁から部屋の中へ倒れてくる方向にたわみます。

計算を単純化するため、柱からポールがせり出させる距離を変数とし、そこに半分の10kgの重さが掛かった場合の、柱のたわみ量を計算します。ポールが部屋側にせり出しているほど、ハンガーを掛けた時に壁に当たらなくなりますが、柱の固定強度も必要になります。

単位はmmです。

ポール高さ せり出し300mm せり出し500mm せり出し800mm
1,200mm 0.2 0.3 0.5
900mm 0.5 0.8 1.2

あまりにポールをせり出させると、2×4の柱といえどもたわみ、天井の突っ張りが弱くなり倒れてくる可能性が高まります。

しっかり突っ張って有れば、上記の表程度のたわみは問題ないです。しかし、ハンガーポールはついつい、春夏秋冬の衣類をたくさんかけてしまうこともあります。突っ張る場所の天井・床面の強さをよく確認し、2×4の柱をしっかり固定することに特に注意してください。

テキストのコピーはできません。