突っ張り棒で間仕切りを作りたい

NO IMAGE

部屋への入居時には、壁がない広いスペースには心がうきうきしたものですが、家具をおいて暮らし始めてみると、ちょっとした、ほかと隔てられた空間が欲しくなります。

後から壁を立てるのは大変ですが、なんとかして目線をさえぎるだけでも、パーソナルスペースとして使えます。

退去時に外すことを考えて、突っ張り棒で間仕切りが作れないものでしょうか。

自由に間仕切り素材を吊るす

間仕切りにするには、間仕切り素材を保持する必要があります。

最も確実なのは、床と天井の間で突っ張り棒を取り付け、突っ張り棒に間仕切りになる材料をつるす方法です。

この手の突っ張り棒は長いため、100均では手に入りません。

ホームセンターに行けば、ジャッキ式の突っ張り棒や、角材を使うディアウォールやラブリコが手に入ります。

角材を使うタイプは、間仕切りをビスで固定でき、カラー塗装も可能なことから、好みのインテリアにマッチさせることもできます。

100均ですませたい

100均で売られている突っ張り棒のサイズでは、天井まではとどきません。

この時は、家具でかさ上げします。簡単なのは、colorボックスを使って床面からかさ上げし、ボックスの上面と天井の間で突っ張り棒を配置する方法です。

なお、colorボックスの天板は突っ張りに弱いため、必ず縦板の部分を突っ張るようにします。

間仕切りの掛け方

間仕切り素材が軽い場合は、両面テープで取り付けても良いです。

もし重たい素材の場合は、しっかりと取り付けなくてはいけません。

そこで使うのはビスです。突っ張り棒の素材は肉厚の薄い鉄パイプなので、普通の工具でビスが打てます。

断面が丸い突っ張り棒の中心を、うまくビスでとらえないといけませんが、あらかじめ突っ張り棒の表面をビスで小さく凹ませておくと、位置が決まります。

なお、ビスを付けたまままでは、内部のバネにひっかかり突っ張り棒の伸縮ができない場合があります。気を付けてください。

テキストのコピーはできません。