ウォリストが倒れる!ディアウォール・ラブリコも事情は同じ、対処法は?

ウォリストが倒れる!ディアウォール・ラブリコも事情は同じ、対処法は?

賃貸でも、狭いワンルームや1Kでも、一人暮らしの作業で2×4材の収納を作れる!突っ張り式なので2×4材や1×4材の柱を立てても賃貸に傷をつけない、という機能的なDIY部品「ウォリスト(walist)」が話題になっています。この手の部品は「ディアウォール(diawall)」が先駆けです。

アイデア次第でおしゃれなインテリアを作れるのですが、苦労して作ったのに後から倒れたりするケースがあります。テレビを載せて倒れると危ないです。倒れるときの状況や補強の工夫をまとめました。

ウォリストの原理

ウォリストは、木材の天井側につっぱりジャッキをかぶせ、バネで突っ張る構造です。床側はバネではないため、しっかりと接地していれば搭載物の重みでどうにかなることはありません。

天井側のジャッキは、設置後に突っ張るとバネが伸びるため、元に縮もうとする力で強力に天井を突っ張ります。

ディアウォールの原理

ディアウォールも、天井側はバネの力だけで突っ張ります。ばねをどのくらい押し込んでおくかが大事です。

天井面の保持能力

ウォリストが倒れる主な原因は、搭載物の重みで天井面のジャッキ裏面が滑りを起こしてしまうためです。2本の柱の間に均等にものを載せている限りは、重みは垂直に床面方向にかかりますが、重みのあるものフックで引っ掛けたりバッグを掛けたりしますと、たわむ方向の力がかかり滑りを起こします。

試しに数値を設定して構造計算をしてみました。長さ2.4mの2×4材の上下を固定し、床から1.5mの高さに10kgの重りを掛けたとします。2×4材はたわみますが、一見して分からないほどわずかです。

このときの上部にかかる力が約2kgです。この力で、ウォリストのジャッキが滑ろうとします。

滑りの力よりも摩擦の力が大きければ、倒れません。ジャッキには滑りを押さえるパッドがついていますので、設置する天井面も摩擦が多くとれそうな場所を選びます。

クロス面、木面よりもコンクリ面や珪藻土面など

内装に使われているクロス(壁紙)は触ってみると結構粗さに違いがあります。凹凸がない箇所や、触るとつるつるしている箇所は避けて設置します。木面も、家の内部に使う板は表面処理がされている場合が多いので、滑りやすいところになります。

クロス面よりも、コンクリ面のほうが微小な凹凸があり摩擦が大きいです。珪藻土の天井面なども同じく良いでしょう。

設置箇所を選べない場合

設置する場所が決まっており、ほかの箇所が選べない場合も多いことでしょう。とはいえ、賃貸の場合はビスで補強することもできません。

ここで使えるのが、耐震グッズの防振ゲルシートです。シリコーンゴムシート、ハイパーゲルシートなどと呼ばれることもあります。

防振ゴムではなく、自己粘着の性能がある厚手のゲルシートを選択します。ゴムシートは突っ張った際につぶれ、表面摩擦効果がなくなります。

ゲルシートを天井側のジャッキ裏面に貼り、その状態で突っ張ります。天井に傷をつけることもなく、ゲルシートの粘着力で高い摩擦が得られます。

まとめ

ウォリストは優れたDIY部品ですので、うまく使いこなして、快適な住環境を作り出してみてはいかがでしょうか

テキストのコピーはできません。