テーブルをDIYで作るとき、脚は付け方はどうする?

NO IMAGE

回答:

基本は脚だけで組み合わさって、安定して立つようにする。

解説

DIYで自分らしいテーブルが欲しい

リビングや自分の部屋に置くテーブルは、自分らしいインテリアに合うものを見つけたいですね。無印やikea、ニトリでたくさんの中から選ぶことができますので、巡り合うことも可能でしょう。

それでも、手作りのテーブルの良さは、自分の好きなサイズが得られること、自分の好きな色合い、形を選ぶことが出来ることだと考えます。部屋のテイストにぴたっとあった、自分だけの一台を手に入れようと思えば、他の人が決して持っていない自作テーブルが一番です。

では、テーブルを作るとき、脚の付け方のポイントはどんなところでしょう。

テーブルの構造のポイント

テーブル板と脚を互いに固定してテーブル全体を立たせるのではなく、脚と補強材を使って、テーブル板がなくても骨組みだけで四本の脚が立つようにします。補強材は、図の中でオレンジ色の部分です。

テーブル板の四辺に付ける補強板は幕板と呼ばれますが、骨組み側の補強材もここでは便宜的に幕板と呼びます。

幕板が入るとテーブル板の支えとして働き、たわみにくくなります。

幕板に使う板は狭い面が上に、広い面が側面に来るように配置します。テーブル板の自重は狭い面にかかりますが、幕板の向きが曲がりに強い向きのため、サポートとして機能します。

取り付けのポイント

テーブルの場合、実際に皿などを置いて使う面に、釘やビスの頭が見えるような取り付け方はできません。テーブルに紙を置いて筆記をするときに引っかかったり、乳幼児が手指をひっかけてケガをする恐れもあります。

従って、脚とテーブル板の固定は

  • 接着剤で両者を貼り合わせ
  • 金物と短いビスを使って固定

という方法が基本です。

また、ガラス板のように局部的に曲がると割れやすい材料をテーブル板に使う場合は、歪を緩和する必要があります。

板ゴムなどの緩衝材を脚との間に挟んで、接着剤で両者を貼り合わせると良いでしょう。

テキストのコピーはできません。