DIYのテーブルが揺れる、こんな時はどうする?

NO IMAGE

回答:

テーブルの足を固定する際に、釘でもビスでも固定点が少ないと揺れやすい。木板と足をビスで直接貫通で固定するなら、固定ビスは二方向から打つ。棚受けや金折を使って角部を固定すると確実。

解説

自作テーブルが揺れる、歪んだ

無印やikea、ニトリで、たくさんの中から探せば、リビングや自分の部屋に置く、自分らしいインテリアに合うテーブルにめぐり合うことはできるでしょう。

それでも、自分だけの一品、手作りのテーブルにも挑戦してみませんか。自分で作れば愛着も沸きますし、自分好みのテイストで部屋のインテリアの一部になります。自分だけの一台、人は持っていない一台を手に入れようと思えば、自作テーブルに勝るものはないのではないでしょうか。

こんな想いを胸に、いざテーブルをDIYで作ってみたところ、なんだか揺れる、ちょっと触っただけで傾くなど、イメージと違う出来になることがあります。

市販の組み立て家具だったら、足と板がしっかりと固定されるわけですから、DIYにもコツがあります。どんなところを気を付ければ良いのでしょう。

動きの自由度を封じる

一枚の木板と一本の角材で、釘やビスを使って角材の端面に板を固定するとしましょう。

普通に考えると、板の表面側から角材の端面にビスを打ちます。すると、角材はビスを中心にして回転できてしまいます。

更に一本、ビスを最初のビスの隣に打ちますと、回転はしなくなります。しかし今度は、二本のビスを結んだ線に交差するように、角材が動きやすくなります。

三本目のビスを、二本のビスを結んだ線とは異なる位置に打ちますと、ようやく動かなくなります。

このように、釘やビスは、ネジ胴回りに回転ができ、またネジ胴回りの木が痩せて出来るクリアランスの分だけは動けます。ですが、他のビスで動きを封じると、しっかりと固定できます。

角材を木板に直接取り付ける場合は

ビスを、互いに進行方向が交差しない・一つの面上にならないように向きを決めて、木板と足を固定しましょう。

金折を二つ使って、天板裏面、角材の二つの面の合計3面を一体に固定します。

幕板があると安定する

幕板というのは、テーブル板の下にスカートのように設け、木板にかかる荷重を分散して耐力を上げるための板です。幕板自体は木枠のように、ほぼ四角形になるよう設けられます。

幕板が木板にしっかりビス固定されていることが前提ですが、幕板のX方向、Y方向の二枚に、角材の二面を接するように固定すると、木板、角材の二面が一体化して、がたがたしません。

幕板のおかげで、金折を使わなくても角材の二平面が面で固定されます。角材がビスに対して動ける向きは、他のビスで封じられています。

まとめ

木をビス止めするとき、ビス胴周りの回転自由度が残っていると、留めた木材同士の角度が変わったり、回転して台形や平行四辺形状に歪みます。いかに木材が動ける自由度を減らせるかが大事で、使う木材同士のつなぎ目をよく観察して、ビスを締め込んでください。

テキストのコピーはできません。