DIYで木製棚を作る、初心者でも簡単にできるコツ二つ

DIYで木製棚を作る、初心者でも簡単にできるコツ二つ

トイレの収納目的で、トイレットペーパーや掃除道具を保管する、スタイリッシュな棚を自作します。

ホームセンターで、突っ張り棒方式の後付け棚が売っています。こちらは、人の邪魔にならない頭よりも高い位置に設置するのが基本ですが、子供がアクセスできない難点があります。

子供が使用できる床面近くに置けて、壁から出っ張りが小さい木製棚の作り方を説明します。

木製棚のDIY

当初、壁付けの棚を構想していたのですが、床面近くの固定棚は埃が貯まりやすくなると思われたので、掃除の時に床面を移動できる可動棚にすることに。可動ワゴンというのが正しいのかもしれませんが、見た目は棚でワゴンらしくないのがまた良いところ。

材料

お家を建ててもらったときに大工さんから頂いた端材で、25mm厚、幅160mmのパイン集成材が残っていましたので活用します。

トイレットペーパーの直径が110mm程度のため、出っ張りがなく綺麗に収納できるはずです。

大まかな構造図は、以下のマンガのようになります。棚の数は三段、そのうち一部は二段ぶちぬきです。いずれも、すでに使用しているトイレグッズをきっちり収めるため、高さや横の寸法を決めています。

DIYで初めて棚を作る方には、
①棚板を直接、棚枠にネジ固定する
②棚板を市販のラック支柱で固定する
のどちらかをお勧めします。

組立家具でしばしば見かけるように、棚ダボを使用して可動棚にすればとても機能的なのですが、棚ダボの施工はやや難易度が高いです。ダボ穴を垂直に開けるために、電動工具を使うほかはありません。

①の木ネジ固定の場合、多少棚板の長さがばらついても、ネジが二つの木材の隙間を貫通していますので固定強度上問題が起こらないという、初心者に嬉しい利点もあります。

完成品の説明

自作の棚の正面、背面の写真です。背面には、棚に置くものが裏側に落ちないよう、壁板を追加しました。

壁板は、大工さんから頂いたフローリング材を現物合せてで切断し、下から一段目、下から二段目+三段目の壁として取り付けました。

一番上の段は、フリースペースとしてつけました。芳香剤やミニカレンダー、観葉植物などを置くことができると考えています。

特に重量物を置く予定はないのですが、パイン集成材は板厚がありコーススレッドを打つのに問題ないため、片側は二ヶ所ずつ電動インパクトドライバーを使ってコーススレッド止めです。

背面の壁板は、固定強度が要らないので釘打ちで固定しました。

下面には、固定キャスターと、可動キャスターを取り付けました。

パイン集成材の風合いを生かした外観にするため、塗装はしません。

トイレに設置してみました。高さ方向はトイレットペーパーホルダーに干渉せず、トイレの奥へスムーズに入れることができます。

収納したいグッズを入れてみますと、見事に収まりました!トイレットペーパー、掃除用具、タオルや細々とした物品をいれる紙箱類が、綺麗に収納できました。

邪魔にならないよう、トイレの奥側に設置しようと思っていましたが、一番上のフリースペースにカレンダーや観葉植物を置くなら、入り口側の方が使い勝手が良いとわかりました。

後から置き場所を変えられるのも、キャスター付きのワゴンタイプ棚ならではですね。

まとめ

収納するグッズが決まっている場合、サイズに合わせた位置に棚板を固定するだけで良く、見栄えが良く出来ます。多少の木材サイズのバラツキ(切断ミス)も木材同士をビス止めすれば問題ありませんので、DIYの初心者でもうまくいくのではないでしょうか。

テキストのコピーはできません。