トイレの中に棚を付けたい、失敗しない方法は??

NO IMAGE

家のトイレは一日に数回しか使わないところですが、水やトイレットペーパーを消費するのでタオルや予備品を置いたり、汚れや匂い対策で掃除用具や芳香剤を置いたり、何かと物を置くことが多いところです。

トイレに見栄えの良い収納があれば、トイレが居心地の良いスペースになりそうですね。

仮に賃貸に住んでいますと、DIYで穴や傷をつけると退去時に問題になるため、制約はあります。どんな方法がいいのでしょうか。

伸縮ポールの棚はどうなのか

ホームセンターでトイレの棚になりそうなものを探すと、たいてい、伸縮ポールで突っ張る網棚が見つかります。

これは簡単で良いのですが、家にお客さんが来た時には自分以外もトイレを使うので、もっと見栄えが良いものが欲しくなりますね。

木の温かみを生かした棚を、自分で付ける方法を説明していきます。

棚受けが必要

もっともシンプルに棚を作る方法は、トイレの両側の壁に棚板を渡すやりかたです。

そのため、棚板を支える棚受けを壁に取り付けます。棚受けにも、アイアン製、プラスチック製、アンティーク風などいろいろありますが、もっともシンプルには、角材を横向きにネジで固定します。

賃貸の場合、壁に木ネジの穴が残るといけません。穴が小さいピンタイプの壁付けフックを使うと良いでしょう。

壁美人という、ホッチキスの針で取り付けるフックもあります。ホッチキスの針のサイズなら、壁紙の穴は目立ちません。

棚板の選び方

トイレにいるとき、本や雑誌を読みたい、という方もいるかもしれません。

本は意外と重たいため、棚板の選び方に注意が必要です。失敗すると、重みで棚板が次第にたわんでいきます。

手頃な価格の中ではSPF材やパイン集成材が手に入れやすいです。幅が300mm、長さ900mmの板の中央に5kgのおもりを載せたとすると、強度計算で求めたたわみは以下のようになります。

SPF材(厚み19mm):0.4mm

パイン集成材(厚み15mm):1mm

厚みが15~19mm程度の板なら、雑誌や本を置いたとしても5kg以内に収めるよう、気をつけましょう。

テキストのコピーはできません。