洗面所に棚を作りたい、失敗しないコツは

NO IMAGE

洗面所は、意外と収納したい物品が多いので、収納が不足するのが悩みです。

収納したい物品と言えば、洗面用品、化粧用品、入浴用品が代表的です。団地の間取りで洗面所とトイレが繋がっている場合は、トイレ用品も保管したくなります。

一般的には、洗面所は広いスペースではありませんので、収納を増やしてあげないといけません。

それでいて、水回りが集中して部屋の中は凸凹しているところもあります。リビングや寝室と異なり、タンスやカラボを置くにも場所に悩んでしまいます。

省スペースが鍵

洗面所は、脱衣所を兼ねていることが多いでしょう。歯磨きやお化粧をしたり、衣類の脱ぎ着など体を動かしますので、できるだけ人の動線をさえぎりたくないものです。

よって洗面所の収納は、いかにして壁面に近い薄い収納にするかが勝負です。

収納力をかせぐには

収納を増やすには、天井方向へ棚の数を増やすことです。

方法はいくつかあります。

壁に棚を直接固定する方法

ボックスタイプの書棚を使って、L字金具や棚受けで直に壁に取り付けます。

胸元より上の高さに設置すると、動線をあまり制約しません。

壁際に2×4材を立てて棚板をたくさん置く方法

2X4材の横幅は89mmです。2×4材を二本立ててこの間に棚板を渡せば、薄い収納ができます。

2×4材を立てるには、ディアウォールやラブリコというDIY部品を使うと簡単です。2×4材の両端に突っ張りキャップを付け、天井と床の間で固定します。

2×4材を立てて、棚板を片持ちにする

2×4材を床と天井で固定できるなら、ちょっとした隙間に、床から天井まで棚を設けることもできます。

出し入れのしやすさを考えて、棚板を片側固定とすると便利です。普通の棚板ではたわみやすいので、厚み38mmの2×4材を棚板に使います。

化粧品はシャンプーリンスのボトル類、コップなどが滑り落ちないよう、落下防止の柵を付けてあげます。

テキストのコピーはできません。