壁の骨組みを作りたい、失敗しないコツは

NO IMAGE

家族が増えたり、同居人が増えたりした結果、1つの部屋を2つに分けたくなることがあります。

本格的に内装を作るなら、工務店にお願いして壁を作ることになります。

でも、自分で壁の骨組みをつくって、十分に使えるレベルにすることも可能です。

最近は、リノベーションを趣味で行う方も増えており、自分で壁を立てるのも無理ではありません。やり方を説明します。

骨組みの基本

後付けで壁を立てるときの基本として、柱を床、天井、既存壁の下地があるところに立てるということです。

下地が無いと、柱材をしっかりと締結できません。地震が発生したときに倒れてしまいます。

柱の材料、間隔

柱材として、杉、ヒノキなどをよく聞きますが、DIYでは入手性とサイズの柔軟さが優れた、2×4材を使うことが多いです。

柱の中心間隔は900mmや910mmにすると何かと便利です。

骨組みを作ったあと、壁用に何らかの仕上げボードを貼ることになります。合板やパーティクルボード、石膏ボードなどがそれです。

これらのボード類の販売サイズは、横幅が910mmや1,820mm、600mmなどとなっており、ボードの枠近くで柱とビスで固定するため、柱も910mmごとに立っていないといけません。

この間隔の中に、更に間柱を入れても良いです。

また、ボード縦幅に合わせて水平の胴つなぎを適当なピッチで入れます。

床、天井との固定

既存の床や天井にネジを打ってよければ、下地と直接金物で締結するのが確実です。

床材と柱とをコーススレッドで締結する、あるいは専用の柱接合金物やL字金具を添えて固定すると良いでしょう。

賃貸のため床や天井に傷をつけられない場合は、2×4材用の突っ張りジャッキを使うことができます。

突っ張りジャッキで天井と床の下地に突っ張る力を加えて、柱を固定します。

これまで述べたような造りで、以下の写真のような壁の骨組みができます。

テキストのコピーはできません。