玄関に木の板でスロープをつけたい

NO IMAGE

玄関にある靴を脱ぐところと室内の段差が、高齢者にはきつい段差となってきます。高齢者と同居している方は、昇り降りに苦労している家族をみて、スロープがあれば、と思っているのではないでしょうか。

人が乗った車いすごと載せるといった、特に重量面に気を使う用途でなければ、スロープを手作りしてみるのも一つの方法です。

玄関の段差に置くスロープを、気を使って自分で作る方法を説明します。

なお、車いすを介助者が押して上るスロープのように、一時的に100キロを超えるような大きな荷重がかかる用途では、以下の方法を使うのはおやめください。しっかりとした金属板のスロープを使いましょう。

ポイント

木材でスロープを作るときのポイントは二つあります。

板の隙間をなくす

登り降りでずれないように安定させる

板の隙間をなくす

板を並べてスロープにするときには、すきまがあると危ないので、板はできるだけ整列させ、ぴったりとくっつけます。

板を並べた後、裏面からタッカーを打って連結するとよいでしょう。

入手した板が薄く長いときは、スロープにするにはたわみやすいのも問題です。

板を連結したあと、両端の板には長手方向にたわみ防止ので角材を打ち付けましょう。

そして、長さ方向の半分くらいの位置に、たわみ防止の角材と連結する横向きの角材をビスで止めましょう。

ちょうど、アルファベットのH字になるようにします。

安定させる

安定させるには、スロープの上端、下端がそれぞれ、室内側の床面と下足の床にぴったりとついて、重さを支えてくれると良いです。

しかし、室内側の床にそのまま板を載せると、板の厚み分でちょっとした段差ができてしまいます。しかし、高齢者はふすまを通す敷居でもつまづくことがあります。段差はなるべく減らすのが安全です。

そこで、室内側の床面には載せず、一段下の土間でスロープを支えるよう、脚をつけます。

「玄関の蹴上げ高さ」と寸法が合った、整列した板の全幅と同じ横幅の板を、垂直に立ててスロープとはビスで固定します。

脚に使う木材は、ビスを打つことを考えて、厚みがある角材やブロック材を使うとよいでしょう。

表面の処理

足で登るの表面がすべりやすい場合、スロープには向いていません。

すべり止めの処理として、ざらざらしたもの貼ると良いです。たとえば、カーペットでも、古いタオルでも結構です。紙やすりで板の表面を直に荒らしてあげてもよいです。

テキストのコピーはできません。