目隠しフェンスを後付けしたい

NO IMAGE

新居を建てる時、フェンスは後から安い業者を見つけてやってもらう、まずはハウスメーカーへ支払う費用を抑えよう、と考える方もいるのではないでしょうか。

庭が道路に面したところは、入居後に庭の植栽を決めてから目隠しが必要なところだけ、後付けでフェンスをつけるのもスマートなやりかたです。

とはいえ、がっちりしとた鉄やアルミ製のフェンスを立てるとなると、しっかりと支えられるよう、支柱を立てるため沓石などのコンクリート土台を施工する必要があります。

自作でフェンスを後付けする方法を説明します。

トレリス、ラティスの活用

トレリスやラティスは、木材板や金属パイプを斜め格子などに組み合わせて、視線が通るすき間を減らしたフェンスです。

トレリスやラティスに、さらに観葉植物やフェイクグリーンを飾って視線をさえぎるとともに、見た目もおしゃれにすることもよくやられています。

市販で手に入るトレリス、ラティスは、たいてい周囲に枠が付いていて、板のように扱えるようになっています。よって、枠を庭の土に固定して直立させます。

フェンスを土に立てる

コンクリートの沓石の付いた金物に固定することはよくやられます。ですが、沓石を埋めるのも大仕事なので、DIYでは少し強度は下がりますが杭を使いましょう。

杭は木製で防腐処理がされたものや、プラスチック製を選びます。コンクリート杭は素人では重すぎて扱えません。杭を埋めて、杭の上部にラティスの柱を固定します。針金を巻き付けたり、金物で圧迫して抑えるなどの方法があります。

フェンスを立てるときに強度的に心配なのは、台風や強風の時にまともに風を受けてしまうことです。そこで、フェンスの両側に別の杭をうって、フェンスの上部とロープで繋ぎ補強しておきましょう。

テキストのコピーはできません。