フローリングの傷を自分で直したい

NO IMAGE

慎重に、大事に扱ってきたフローリングに、不注意で固いものを落として傷がついたときは、後悔でいっぱいになります。

とはいえ、一旦ついてしまった傷は、そのままにしておいても見映えがよくありません。

元通りにはならないまでも、普段の生活で気にならないように直しましょう。

水を含ませて修復

まず、ティッシュペーパーやボロ布に水を含ませて、傷のところに染み込ませます。

家造りで使われる木材は乾燥させてあり、水分量が低く保たれています。そこに水を染み込ませると、木の組織に入り込み少し膨張するのです。

浅い傷であれば、水で木の組織を膨らませるだけで、元の形に近いところまで戻ります。

傷の具合によっては、表面の膜が壊れていて、水が染み込みやすくなります。フローリングの塗り直しをするまでは気をつけてください。

ウッドパテで修復

広い傷や深い傷は、フローリング用パテや木工パテで埋めてあげます。

フローリング用パテは、フローリングの色に合わせた樹脂です。傷に埋めると自然に乾燥し、周囲の木材となじみます。

まず、傷の周りにパテがつかないよう、テープで保護します。その上で、傷の中にパテを十分に埋め込みます。固まる前にテープをはがします。

フローリング用のパテを含めて、木工用パテは一般的に、自然乾燥させるため厚塗りに向きません。

よって、まずは水を染み込ませて、少しでも傷の深さが浅くなるようにすることが大事です。

テキストのコピーはできません。