洗濯機の周囲のスキマに隙間収納をつけたい

洗濯機の周囲のスキマに隙間収納をつけたい

洗濯機を設置する時、排水ホースをつなぐ位置が決まっているので、ホースの経路を優先してあげないといけないのですが、その結果、壁との間に微妙な隙間があきます。

この空間に、隙間収納を入れてみたい、と思いませんか。洗濯機で使う洗剤のケースや、ネット類など、近くに収納されていると便利なものはいくつかあります。

隙間収納で保管できれば、隙間の活用もできて一石二鳥です。

隙間に2×4材を立てて、棚板をたくさん置く方法

2X4材の横幅は89mmです。2×4材の柱を二本立ててこの間に棚板を渡せば、隙間収納ができます。

2×4材を立てるには、ディアウォールやラブリコというDIY部品を使うと簡単です。2×4材の両端に突っ張りキャップを付け、天井と床の間で固定します。

棚板は、隙間の幅に合わせた合板やSPF材を、ディアウォールの棚受けで固定して作ります。隙間のうち、奥まった方は現場でのネジ締めなどの作業はやりにくいため、あらかじめ2×4材に棚受けを付けてから、柱を立てると良いでしょう。

2×4材を立てて、棚板を片持ちにする

前項では、棚を両側の柱で支える構造でしたが、棚板に強度があれば片持ちもできます。

片持ちの方が、出し入れのしやすさがアップします。普通の厚みの棚板では、収納するグッズの重みでたわみやすいので、ここでも厚み38mmの2×4材を棚板に使います。

シャンプーリンスのボトル類、コップなどを置きたい場合は、滑り落ちないよう、落下防止の柵を2×4材の側面から取り付けてあげます。

テキストのコピーはできません。